歌うように晴れたら 第1話
作者:ススキドミノ


【※最初に】
 本台本はNTTソルマーレ株式会社の運営するアプリ『ボイコネ』掲載用として制作された台本です。
 著作権以外の本台本の権利はNTTソルマーレ株式会社『ボイコネ』が所持しています。
 サイト掲載版の台本については基本的に当サイトの規約に則った利用をお願いいたします。
 有料上演配信使用権付き台本の販売もございませんので、基本的には読み合わせや友人同士の声劇などでお使いください。
 配信サイトで利用したい場合は『ボイコネ』内にてご利用ください。
 ボイコネURL:https://boikone.jp/



登場人物
渡会亮(わたらいりょう):男子高校生。5組。バレー部。
和久井瞳(わくいひとみ):女子高校生。5組。吹奏楽部。
飯塚奏海(いいづかかなみ):女子高校生。5組。女子バスケットボール部。




※2019年1月18日 台本使用規約改定(必読)




---------------------------
















 <五組・教室>

瞳:また隣になったね。

亮:おう。

瞳:また、よろしく。

亮:こっちこそ、よろしく。

奏海:うわ! でたぁ……窓際組!
   あまりにも見慣れた光景すぎて、進級した気がしないんだけどー。

瞳:仕方ないでしょ、和久井と、渡会なんだから。

亮:うちの担任、席順は出席番号で決めるからな。

奏海:にしても……これで二年連続でしょ?
   飽きない?

瞳:奏海だって席一緒じゃないの。

奏海:ん? いやいや、私は変わってもらったけど。

亮:は? 席勝手に変わるのアリなのか?

奏海:アリだけど……え、知らなかった?

瞳:……私は知らなかった。

亮:俺も。

奏海:え。じゃあ……変わるの?

 間

瞳:……いや、私はいいかな。窓際の景色、好きだし。

亮:……俺も、別に困ってないしな。

奏海:……ふーん。

瞳:……ふーんって何よ。

奏海:瞳と渡会君の間ってさ、なんか二人だけの空気感あるよね。

瞳:はあ?

亮:何の話だよ。

奏海:この機会にはっきり言わせてもらうとさ!
   私! 二人が密かに付き合ってるんじゃないかって疑ってるんだけど!

 間

瞳:……昼休み終わるし、ご飯食べよ。

亮:ああ……そうだな。

奏海:流さないでよ! っていうか、ほら! また二人の世界じゃん!

瞳:あのねえ奏海……私はともかく、飯塚君に迷惑だからやめて。

奏海:う……! なんかマジな感じで注意された……!

亮:まあ、俺は言われる分には気にしないけどな。

瞳:……そう?

亮:否定すればいいことだし。
  何も話題出されないよりはマシだろ、そういうの。

瞳:うん、そうかもね。

奏海:ほら! こっちが隙を見せたらすぐラブい臭い出す!
   ラブ臭がとんでもないよ! むせるよ!



亮:あ……今日、卵焼き甘いやつだ。

瞳:いつもしょっぱいやつじゃなかった?

亮:妹が母に甘いのがいいって言ってたから、そっちに合わせたのかもな。

瞳:飯塚君、しょっぱいのが好きなのに、ちょっと残念だね。

亮:まあ、どっちもそんなに変わんないけどな。

奏海:またスルー? っていうか、え? 何? そのお互いのことは何でも知ってますーみたいな会話は……!

亮:別に、知ってるってほどでもないけどな。

奏海:……じゃあさ、飯塚君に問題! 瞳の好きな食べ物は?

亮:は? ……海苔とオムライスだろ。

奏海:……飯塚君の誕生日は? 瞳、知ってる?

瞳:六月十六日。

奏海:飯塚君、瞳の家族構成は?

亮:両親と、兄と妹。

奏海:瞳……! 飯塚君の――

瞳:ご両親とお姉さんが一人。

亮:おお、正解。

瞳:っていうか、本当に昼休み終わっちゃうよ。
  ほら、奏海も食べなって。

奏海:ううう……! なんだ……この敗北感は……!
   ……食べるけど……!

 <奏海は瞳の机に弁当を広げる>

奏海:付き合ってるってのは冗談だとしてもさぁ……。
   なんかいいよね、二人の関係。

瞳:だから関係とか言わないの。

奏海:アニメとかでもさ? 窓際の後ろの席がテーマになってない?
   男女二人でいちゃいちゃとかさぁ。

瞳:何でそんな絡んでくるのかと思ったら……アニメに影響されたわけね。

亮:まあ、確かに教室の中でも、離れ小島みたいな所があるからな。
  題材にはいいんだろ。

瞳:何かあった時、必然的にお互い頼らざるを得ないしね。

奏海:何かあった時って、例えば?

亮:あー……教科書忘れたときとか?

奏海:ベタだなぁ。他には?

瞳:そう言われると……席の位置で、あんまり特別なことはないかも。

奏海:そこまでお互いのことわかってるわけだし、なんか秘密があるんじゃないの?

瞳:……知ってるっていっても、誕生日とか家族構成ってそんなにプライベートな情報じゃないし。

奏海:確かに。じゃあさ、瞳って飯塚君の好きな女の子のタイプ知ってる?

亮:おいおい……何聞いてんだよ。

瞳:……知らないわよ。

亮:ちなみに、俺も和久井の好きなタイプは知らないからな。

奏海:うへー! なーんだ! やっぱりそういうのは話さないんだ。
   なんでも知ってるわけじゃないもんねぇ!

瞳:何か腹立つ言い方ね……!

奏海:へへへー! 始めて勝った気がするー。

亮:……好きな色は青。海外旅行するならイタリア。

瞳:……え?

亮:猫よりも犬派。好きなのは数学だけど、得意なのは地理。
  休みの日は家に居たいタイプ。

奏海:い、飯塚君?

亮:和久井、合ってるか?

瞳:う、うん。

奏海:な、なんだ……! 何が起こったんだ……今……!

亮:……まあ、知らないことはあるけど、知ってることは知ってるってことだよ。

奏海:み、見せつけられたぁ……!

瞳:飯塚君って……時々予想外なことするよね。

亮:何でも予想通りじゃつまんないだろ。

瞳:じゃあ、私も一つ教えてあげる。

奏海:な、何……! これ以上何で殴ってくる気……!

瞳:窓際の後ろの席だから、できること。

 <瞳は微笑んで隣の亮を見つめる>

瞳:この席だと……じっと横顔を見てても、誰にも気づかれないんだよ。

亮:……それは、予想外すぎた。

瞳:ふふふ、でしょ。

 <奏海は机に突っ伏している>

瞳:奏海? 食べないの?

奏海:色々お腹いっぱいだよぉ!





---------------------------

第2話
台本一覧

inserted by FC2 system