歌うように晴れたら 第2話
作者:ススキドミノ


【※最初に】
 本台本はNTTソルマーレ株式会社の運営するアプリ『ボイコネ』掲載用として制作された台本です。
 著作権以外の本台本の権利はNTTソルマーレ株式会社『ボイコネ』が所持しています。
 サイト掲載版の台本については基本的に当サイトの規約に則った利用をお願いいたします。
 有料上演配信使用権付き台本の販売もございませんので、基本的には読み合わせや友人同士の声劇などでお使いください。
 配信サイトで利用したい場合は『ボイコネ』内にてご利用ください。
 ボイコネURL:https://boikone.jp/



登場人物
山口謙一郎(やまぐちけんいちろう):男子高校生。5組。男子バスケットボール部。
飯塚奏海(いいづかかなみ):女子高校生。5組。女子バスケットボール部。
深谷康生(ふかやこうせい):男子高校生。3組。男子バスケットボール部。




※2019年1月18日 台本使用規約改定(必読)




---------------------------
















 <体育館裏>

康生:ふえー、終わった終わったぁ……。

謙一郎:おう、お疲れ。

康生:この後、コーチ何か言ってた?

謙一郎:ランニング終わったやつから休んでて良いって。

康生:この後、体育館でまたフットワークだろぉ……?
   マジキツすぎ……。

謙一郎:うちの部は、走れるのが強みだし。

康生:……お。っていうか、今日のランニング、女バスも一緒じゃん。

謙一郎:ああ、そうだな。

康生:走ってんなぁー。

謙一郎:そうだな。

 <奏海はタオルで顔を拭きながら、二人の側を通りかかる>

奏海:山口と、深谷じゃん。そっか、男バスもランニング一緒だったんだ。

 <二人は奏海に気づかず、走っている部員達をじっと見つめている>

康生:なぁ、謙一郎。

謙一郎:何だ。

康生:うちの女バスの中で、一番魅力あんのって誰だと思う。

奏海:(二人を覗きながら)はぁ!? あいつら何話してんの!?

謙一郎:それ、どういう基準で?

康生:基準? って、例えば……顔が好きとか。
   あとは……でかいとか?

謙一郎:でかいって、何が?

康生:そりゃあ……アレだよ。

謙一郎:アレ……? ああ、アレか。

奏海:(呟く)ほんっと……! 男子ってどうしようもない……!

謙一郎:康生はどうなんだ?

康生:あー、そうなぁ。村上の雰囲気とかは、めっちゃ好み。

奏海:(呟く)小百合かぁ……人気あるなぁ……。

康生:ちなみに村上、結構な人数に告られてるらしいぜ。

謙一郎:そうなのか。

康生:謙一郎も村上みたいな、ザ・清楚って感じが好みなん?

謙一郎:俺は……元気な感じの女子が好みだ。

康生:ふーん。女バスの中だったら誰?

謙一郎:俺は、飯塚かな。

奏海:(呟く)……え?

康生:飯塚って、飯塚奏海?

謙一郎:そう。その飯塚。

奏海:(呟く)ええええ!? わ、私!?

康生:どういうとこが?

謙一郎:いつも周りに明るく声かけてるから、飯塚が居るだけで雰囲気が良いんだ。
    そういうところがすごく良いなって思う。

康生:へー、何かマジっぽい理由。ちなみに、他にもあんの?

謙一郎:他にか……。

奏海:(呟く)ま、まずい……! このまま盗み聞きは絶対なんかまずい!

 <奏海は二人の前に駆け込む>

奏海:ちょっと!

康生:……あ。

謙一郎:……飯塚?

奏海:あ、あの……! 良くない!

康生:……何が?

奏海:だからぁ! その……! 女バスの誰がどうとか言うの!

康生:は? もしかして、聞いてたのか?

謙一郎:それって、どこまで――

奏海:いや! それは! あれよ!
   さっきほら! 女バスの、アレがでかいとかなんとか言ってたのが聞こえた!

 間

康生:あのさ、俺達が言うようなことじゃないかもしんないけど……。

奏海:……え?

謙一郎:いや……そんな大声でいうことじゃないと思うぞ。

奏海:い、いやぁ……! でもそれは……! 聞こえたからぁ……!

謙一郎:いや、言ったのは俺達だし……。
    ていうか、失礼な話だったよな。ごめん。

奏海:い、いいよ。怒ってるとかじゃないし……。

康生:っていうかさ、女子はそういう話しないん?

奏海:そういう話って……?

康生:ほら、男子がどうのこうのとか。

奏海:え? ああ……いや……。
   他の子はその、話してたりするけどさ……。

謙一郎:飯塚はしないのか? そういう話。

奏海:私はさぁ、何か……そういう話に、混ぜてもらえないっていうか……。

康生:……え、いじめられてる?

奏海:そうじゃないけど! なんかキャラ的にっていうか……!

謙一郎:確かに。何か飯塚って可愛がられてるっていうか。
    女子達の中で、妹ポジションみたいな感じだよな。

奏海:そう! そうなんだよ! みんな、私には早いーみたいなこと言うからさぁ!

康生:へえー……謙一郎は飯塚のことよく見てるねぇ。

謙一郎:まあな。クラスでも目立つし。

奏海:そ、そう、かな……。

康生:飯塚は気になる男子とかいんの?

奏海:はぁ!? ななな何でそんなこと……!

康生:話の流れだよ。

謙一郎:それ、普通に気になるな。

康生:ちなみに男バスの中だったら誰が良い?

奏海:ちょ、待って! そんな急に言われてもさぁ!

 <奏海は謙一郎を見て、俯く>

奏海:わ、私にはまだ……早いかもしれない!

 間

康生:なんか……悪かったわ。

奏海:憐れむような目を向けるな!

謙一郎:康生。そろそろ体育館戻るみたいだぞ。

康生:へいへい。んじゃ、頑張りますかー。

謙一郎:飯塚も、練習頑張ろうな。

奏海:う、うん。そうだね。私も戻らないと。

謙一郎:あ、そうだ。

 <謙一郎は奏海の耳に顔を寄せる>

謙一郎:……俺、さっきの話してるときさ。
    飯塚が居るの、気づいてた。

奏海:え……?

謙一郎:冗談っぽく聞こえたかもしれないけど……。
    俺、本気だから。今度、ちゃんと言うわ。

康生:おーい、謙一郎。遅れるとペナ食らうぞー。

謙一郎:おう。今行く。

 <二人が去ったあと、奏海はその場に座り込む>

奏海:……え? 何、今の……。

 間

奏海:やば……! 顔、あっつ……!




---------------------------

第3話
台本一覧

inserted by FC2 system