歌うように晴れたら 第6話
作者:ススキドミノ


【※最初に】
 本台本はNTTソルマーレ株式会社の運営するアプリ『ボイコネ』掲載用として制作された台本です。
 著作権以外の本台本の権利はNTTソルマーレ株式会社『ボイコネ』が所持しています。
 サイト掲載版の台本については基本的に当サイトの規約に則った利用をお願いいたします。
 有料上演配信使用権付き台本の販売もございませんので、基本的には読み合わせや友人同士の声劇などでお使いください。
 配信サイトで利用したい場合は『ボイコネ』内にてご利用ください。
 ボイコネURL:https://boikone.jp/



登場人物
深谷康生(ふかやこうせい):男子高校生。3組。男子バスケットボール部。
村澤灯里(むらさわあかり):女子高校生。3組。クラス委員。
石野文香(いしのふみか):女性教師。看護教諭。
深川敦也(ふかがわあつや):男性教師。音楽教師。




※2019年1月18日 台本使用規約改定(必読)




---------------------------
















 <校舎裏>

康生:……あ?

 <灯里が膝を抱えて座っている>

康生:……村澤?

灯里:……あ。

康生:……泣いてんの?

灯里:い、いや……! 別に、そういうわけじゃ……。

 間

康生:今日のこと、気にしてんのか。

灯里:……違う、とは……言えないよね。

康生:クリスマス会の話し合い、進まなかったもんな。

灯里:ううん。進まなかったのはしょうがないよ。
   自由参加だし……みんなも予定あるだろうしさ。

康生:うん。そりゃそうかもな。

灯里:どっちかって言うと、自分のことかな……。

康生:まあ……こういっちゃなんだけどさ。
   村澤って何か、から回ってるもんな。

灯里:ううう! 言う!? そういうこと!
   深谷君ってデリカシーとかないの!?

康生:悪い悪い。でも、実際そうなんじゃないのかよ。

灯里:まあ……うん。何か、プレッシャー感じちゃってさ。

康生:……村澤さ。この後暇?

灯里:え?

康生:これから、買い食いして帰ろうぜ。


 ◆


 <学校の駐車場>

文香:ありがとうございます、先輩。

敦也:石野、お前なぁ……。いきなり車出せはねえだろ……。

文香:だって、私も急に言われたんですもん。
   クリスマス会用のツリー、取りに言ってくれないか―って。

敦也:つーか言ったの誰だよ。車持ってねえやつに言うことじゃねえだろ。

文香:私が、車のアテがあるので大丈夫ですって言いました。

敦也:最初から俺に出させるつもりだったか……。
   ほら、乗れよ。

文香:はい。

 <二人は車に乗り込む>

文香:うわ……タバコくさ。

敦也:独り身の男の車だぞ。文句言うな。

文香:ふーん……普段、人は乗せないんですか?

敦也:オイ……喧嘩売ってんのか?

文香:よーし! 出発しましょう!

敦也:石野……! シートベルト……!

文香:あ。


 ◆


 <二人は駅前を歩いている>

灯里:何か、こうやって、何も考えないで買い食いしてるのって不思議。

康生:どうだ? 悪くないだろ。

灯里:うん。ちょっと悪いことしてる気分だけど……。

康生:村澤って、真面目だよな。

灯里:真面目かぁ……ちょっと気にしてるんだ、それ。
   真面目なやつってさ……つまんないって思わない?

康生:わかんないやつにとってはつまんなく見れるかもしんないけど。
   俺は好きだぜ。村澤の真面目なとこさ。

灯里:……え?

康生:俺、村澤のお陰でちょっと変われた。
   合唱祭も、逃げずに真面目に参加して、良かったって思ってる。

灯里:……うん。

康生:真面目でいるの、大変かもしんないけどさ。
   村澤の真面目は、めちゃくちゃ一生懸命で、すげえ良いよ。

灯里:ありがとう……深谷君。

康生:たまに息抜きしたくなったら、また買い食いしようぜ。

灯里:……うん!


 ◆


 <クリスマス会当日>

文香:……綺麗ですね、飾り付け。

敦也:ああ? まあ……良いんじゃね。

文香:素直じゃない感想……。

敦也:いや、かなり素直だろ。

文香:ふーん……なんていうか、先輩って意外と教師に向いてますよね。

敦也:は?

文香:慕われてるじゃないですかぁ。

敦也:まだ若いからな。親近感あるとか、そういう程度だろ。

文香:昔から面倒見もいいですし。

敦也:おい、お前……なんか今日、うぜえぞ。

文香:ま、ちょっとした当てつけです。

敦也:当てつけって何のだよ……。

文香:今日、女子生徒に声かけられてましたよね?
   ツリーの前のダンス、踊ってくださいって。

敦也:……お前、なんか顔、怖いんだけど。

文香:色々問題ありますから……一緒に踊ってって誘えないんです。私。

敦也:……は? お前――

文香:いい加減気づいてください。
   私、好きなんですよ。先輩のこと。

 間

敦也:……それ、知ってる。

文香:はあ!? 最高にキモい返しですよそれ!

敦也:悪い悪い。じゃあ……やり直そうぜ。

文香:や、やり直す!?

敦也:なあ、石野。お前、俺のこと好きなの?

文香:……大っ嫌いです!

敦也:はいはい。俺もだよ。


 ◆


 <夜・康生の家の前>

康生:……は?

灯里:深谷君。バイト、お疲れ様。

康生:村澤……? なんで、うちの前に。

灯里:ごめんね、ちょっとズルしちゃった。
   クラス委員の名簿見たんだ。

康生:ははは! マジかよ、真面目な村澤らしくねえなあ、それ。

灯里:でしょ? たまには真面目じゃなくていいって、深谷君が教えてくれたんだよ。

康生:それで、なんでわざわざ?

灯里:深谷君さ。今日のクリスマス会、バイトがあるから来れなかったよね。

康生:ああ。

灯里:たくさん準備手伝ってくれたのに、お礼も言えなくて……。
   だから、プレゼント。

康生:……マジ?

灯里:うん。開けてみて。

 <康生は灯里のプレゼントの袋を開ける>

康生:これ……マフラー?

灯里:あ、ありきたりだけど……手編みなんだ。
   前に、買い食いに連れ出してくれた時から、編み始めて……。

康生:ふふふ、あはははは! ……本当、プレゼントまで真面目だな……!

灯里:もう……! そんな笑わなくても……!

康生:ありがとう。嬉しいよ、村澤。俺、大事にする。

灯里:……うん。ありがとう。
   ねえ――

康生:ん?

灯里:メリークリスマス! 深谷君!





---------------------------

第7話
台本一覧

inserted by FC2 system