歌うように晴れたら 第5話
作者:ススキドミノ


【※最初に】
 本台本はNTTソルマーレ株式会社の運営するアプリ『ボイコネ』掲載用として制作された台本です。
 著作権以外の本台本の権利はNTTソルマーレ株式会社『ボイコネ』が所持しています。
 サイト掲載版の台本については基本的に当サイトの規約に則った利用をお願いいたします。
 有料上演配信使用権付き台本の販売もございませんので、基本的には読み合わせや友人同士の声劇などでお使いください。
 配信サイトで利用したい場合は『ボイコネ』内にてご利用ください。
 ボイコネURL:https://boikone.jp/



登場人物
渡会亮(わたらいりょう):男子高校生。5組。バレー部。
和久井瞳(わくいひとみ):女子高校生。5組。吹奏楽部。
飯塚奏海(いいづかかなみ):女子高校生。5組。女子バスケットボール部。
山口謙一郎(やまぐちけんいちろう):男子高校生。5組。男子バスケットボール部。
深川敦也(ふかがわあつや):男性教師。音楽教師。




※2019年1月18日 台本使用規約改定(必読)




---------------------------
















 <5組教室>

亮:和久井。そっちにベニヤ板、持っていったろ。

瞳:いや、こっちは私が使うって言ってきたけど。

亮:俺は勝手に持っていったって聞いたぞ。

瞳:じゃあそっちの間違いでしょ。

奏海:ま、まあまあ……! 二人共落ち着いて……!

亮:別に、落ち着いてる。

瞳:勝手に渡会君が突っかかってるだけ。

亮:俺は別に突っかかってない。

瞳:じゃあ邪魔しないでよ。

奏海:あーもうストップ! どうしていつも仲良いのに、こう喧嘩になるかな……!

謙一郎:飯塚。手、足りてるか?

奏海:あ、山口君。う、うん……! こっち大丈夫――

亮:言い方ってもんがあんだろ。

瞳:こっちの作業のことも考えて欲しいってだけ。

奏海:じゃ……ないかも……!

謙一郎:なんだ。揉めてるのか、窓際カップル。

奏海:う、うん……。文化祭の準備になった途端に……。

謙一郎:普段仲良い分、こういうことになんのか。

奏海:そう、かな?

謙一郎:どんな空気でも明るくできる飯塚でも和ませられないとなると……。難しいな。

奏海:いや……私、別に万能ライトとかじゃないし……。

謙一郎:こういうときは……そうだな。

奏海:え? どうにかできる?

謙一郎:大人を頼ろう。

奏海:うわ、現実的……。

 <謙一郎は敦也を連れてくる>

謙一郎:暇そうに歩いていたから連れてきた。

敦也:あ……? 誰が暇だコラ……。

奏海:深川先生かぁ……! なんとかできるかな……!

敦也:おいお前ら。総じて失礼だぞ。

謙一郎:実は、うちのクラスでも屈指の仲良しカップルが揉めてまして。

敦也:は? んだそれ……。

奏海:カップルってのは違うみたいなんですけどね。

敦也:あー……つまり、普段は仲良い二人が、文化祭の準備で揉めてるってことか?

奏海:そうです!

敦也:ったく……面倒くせえな。

 <敦也は瞳と亮に近づく>

敦也:おい、お前ら。

瞳:はい。

亮:先生……なんですか?

敦也:お前ら、作業別れろ。

瞳:え?

敦也:苦情が出てんだよ。お前らの反りが合わないから、作業が進まねえんだと。

亮:……別に合わないわけじゃ。

敦也:いいから交代しろ。
   あー……じゃあ、飯塚と渡会。チェーンジ。

奏海:え? 私と渡会君ですか?

亮:……わかりました。


 ◆


奏海:……瞳。大丈夫?

瞳:別に。大丈夫よ。

奏海:ごめんね……なんか、余計な気回したかな?

瞳:ううん……。奏海は間違ってない。
  みんなにも迷惑かけちゃってたから。

奏海:そっか。じゃ! 楽しく作業しよ!

瞳:うん。そうしよう。


 ◆


謙一郎:渡会って、背高いんだな。

亮:……は? 何、急に。

謙一郎:バレー部だっけ。今からバスケ部入る気ないか?

亮:いや……ないけど。

謙一郎:だよな。

 間

亮:何、今の話……。

謙一郎:世間話だろ。普通の。


 ◆


奏海:……そっか。

瞳:うん。私が意地張っちゃっただけなんだ。
  渡会君に、出来ないって思われたのが悔しくて。

奏海:んー、でも渡会君がそう思ってるかどうかなんてわからなくない?

瞳:……そうだけど。でも、私……彼の考えてること、なんとなくわかるから。

奏海:うわ……何か、こじらせてるポイントがわかったかも。

瞳:こじらせてる……?


 ◆


謙一郎:言わなきゃ、伝わんないんじゃないか。

亮:言わなきゃ……?

謙一郎:そりゃそうだろ。別の人間なんだから。

亮:……それは、まあ……。

謙一郎:多分だけどさ。一見似てるようでさ、似てないんだよ。
    渡会と和久井さんって。

亮:俺達が、似てない……。

謙一郎:似てないから、お互いわかろうとしたり、惹かれ合ったりするんじゃないか。


 ◆


敦也:で……今度はなんだよ。

奏海:いえ! 二人が担当に戻ったので!

謙一郎:一件落着っす。

敦也:そーかそーか。まあ、ならいいんじゃねえ。

奏海:なんかすぐに解決しちゃった。

敦也:お前ら高校生ってのはな、逆のことをやりたがるんだよ。

謙一郎:逆?

敦也:そう。喧嘩してるくせに、じゃあ離れろっていうと、それに反発したくなる。
   だから、別れろって言われた時点で、もうどうやったら戻れるか考えたりする。

奏海:うわ……なんか嫌な感じ……。

敦也:で、お前らは仲違いはしてないのか?

奏海:……え?

敦也:あっちの二人はどうか知らねえけど、お前らは付き合ってんだろ。

奏海:にゃ! ど、どうして――

敦也:見りゃわかる。

謙一郎:はい。仲良しですよ。

敦也:そっか、そりゃいいことだ。

謙一郎:喧嘩したら、仲裁してくれます?

敦也:知るか。

奏海:ううう。なんか……! 嫌な感じ……!


 ◆


瞳:……ねえ。

亮:……何だ。

瞳:ごめんね。

亮:俺も、ごめん。

瞳:私ね、なんか意地張ってたみたい。

亮:そっか。

 間

亮:俺は、和久井が何考えてるかわかんなくて、イラついてた。

瞳:……え?

亮:ずっと隣にいても、知らないことってあるんだな。

瞳:……うん。そうだよね。
  私も、もっと渡会君のこと、知ってるって思ってた。

亮:なあ。

瞳:何?

亮:俺、和久井のこと。もっと、知りたい。

瞳:うん。私も。





---------------------------

第6話
台本一覧

inserted by FC2 system