歌うように晴れたら 第4話
作者:ススキドミノ


【※最初に】
 本台本はNTTソルマーレ株式会社の運営するアプリ『ボイコネ』掲載用として制作された台本です。
 著作権以外の本台本の権利はNTTソルマーレ株式会社『ボイコネ』が所持しています。
 サイト掲載版の台本については基本的に当サイトの規約に則った利用をお願いいたします。
 有料上演配信使用権付き台本の販売もございませんので、基本的には読み合わせや友人同士の声劇などでお使いください。
 配信サイトで利用したい場合は『ボイコネ』内にてご利用ください。
 ボイコネURL:https://boikone.jp/



登場人物
石野文香(いしのふみか):女性教師。看護教諭。
深川敦也(ふかがわあつや):男性教師。音楽教師。




※2019年1月18日 台本使用規約改定(必読)




---------------------------
















 <音楽室>

文香:深川先生。

敦也:ん? あー、石野か。どうした。

文香:あのぉ……私が気を使って深川先生って呼んでるのに……。

敦也:あ、そう。石野看護教諭、どうしましたか?

文香:ほんっと、ひねくれてますよね。深川先輩。

敦也:はい。先輩って言ったからお前も同罪な。

文香:……女子生徒が数人出ていきましたけど?

敦也:ああ、あいつら用もねえ癖に音楽室に入り浸ってんだよ。
   こっちは忙しいってのに。

文香:ふぅん……。それって、先輩と話したいからだってわかってます?

敦也:はぁ?

文香:わかんないかぁー。先輩みたいな不良っぽい先生は、女子高生にはモテるんですよ。

敦也:おいこら、不良っぽいって何だ……。

文香:自覚ないんですね。

敦也:っていうか石野。何か用事あったんじゃないのか?

文香:いえ、別に。

敦也:お前なぁ……。

文香:いいじゃないですか。たまには。

敦也:たまにじゃねえよ……お前、暇っつーとすぐ来んだろ。

文香:あ。じゃあ、今週末飲みに行きません?

敦也:暇つぶしついでに誘ってくんな。こっちは忙しいんだよ。

文香:ああ。合唱祭近いですもんね。

敦也:っていうか、お前も手伝え。

文香:え、何をですか?

敦也:そっちに各クラスの自由曲をまとめてあるから、石野は楽譜を探してくれ。

文香:うえー……マジかー……。

敦也:追い出すぞ、てめえ……。

文香:了解です……。

 <二人は黙々と作業している>

文香:……先輩と音楽室いるのって、不思議な気分です。

敦也:あぁ?

文香:いや、まあ……学校は違いますけどね?
   でも、音楽室だなーって。

敦也:確かにな。つーか……お前と同僚になるってのが不思議だよ。

文香:そうですか?

敦也:ああ。普通にビビった。

文香:先輩のこと追いかけてきたって言ったら、どうします?

敦也:普通にキモい。

文香:うわ、ひっどい。

敦也:っていうか、お前の方が先に居ただろうが。

文香:あ。じゃあ先輩が私を追いかけてきたパターン?

敦也:だったらどうする?

文香:……え?

 間

敦也:……は? 何お前、マジだと思った?

文香:……普通にキモいですね。

敦也:だろ。

文香:あーあ……なんか先輩ってロマンチックと程遠いですよね。

敦也:勝手に期待すんな。

文香:高校時代の先輩は素敵だったのになぁー。

敦也:はぁ? 何の話だよ。

文香:合唱部に入ったばっかりの時に、私が曲のことで悩んでたら、先輩が声かけてくれて――

敦也:覚えてねえ。

文香:うわ、ひどい……!

敦也:っていうかお前、入ったばっかの頃から上手かったろ。

文香:そんなことないです! 全然ハイトーンが出なくて、悩んでましたもん……!

敦也:そういう技術的なことじゃねえよ。

文香:じゃあなんですか……。

敦也:教師になってから尚更思うけどな……高校生ってのは、自分の性格を表に出すことだって怖いもんだ。
   だから、本質的に自分に何ができるかってこともわからなかったりする。

文香:はい。そうですね。

敦也:お前は、高校から合唱部に入って、周囲の部員に直ぐ馴染んだ。
   他の部員に声かけて、よく一緒に練習してたりしてな。

文香:……はい。

敦也:高校時代からお前は、上手かったよ。自分を出すのが。

文香:……何か、先輩って……。

敦也:なんだよ……。

文香:いや……ずるいよなって……。

敦也:ずるいってなんだ……!

文香:だって! 普段ひねくれてて、口悪い癖に……!
   たまにこう……! 真面目なこというじゃないですか!

敦也:本人を目の前によくそこまで言えたもんだな……お前……。

文香:……先輩って、どうして教師になったんですか?

敦也:んだよ、急に。

文香:いや。てっきり音楽家になるものだと思ってたんで。

敦也:……才能あるやつなんて、山ほど居る。上には上がいるもんだろ。

文香:……本当ですか?

敦也:んだよ……話し辛いことなんだから、察しろよ。

文香:すみません。でも……大学言ってからの深川先輩のことって、知らないので。

敦也:じゃあ、今度飲み行った時にでも話してやる。

文香:え? 本当ですか?

敦也:お前が誘ったんだろ。断ったら殴るぞ。

文香:あ、え? いや、なんか……意外な展開……。

敦也:うるせえな……。っていうか、手動かしてんのか?

文香:動かしてますよ。あとちょっとで終わります。

 間

文香:はい! 終わりました。楽譜の方に、付箋貼ってますから。

敦也:おう。助かるわ。

文香:いえいえ。私も、保健室戻らないと。

 <ドアに向かう文香を敦也が呼び止める>

敦也:おい、石野。

文香:はい?

敦也:これだろ。

 <敦也は楽譜を文香に見せる>

敦也:俺がお前に教えた曲。

文香:……忘れたって言ってませんでした?

敦也:バーカ、忘れねえよ。
   今度、久しぶりに歌って聴かせろ。

文香:……考えておきます。それじゃ。

 <文香は音楽室を出ると、小さく息を吐く>

文香:……本当……ずるいよ、先輩は……。
   ああもう……好きだなぁ……!





---------------------------

第5話
台本一覧

inserted by FC2 system