歌うように晴れたら 第3話
作者:ススキドミノ


【※最初に】
 本台本はNTTソルマーレ株式会社の運営するアプリ『ボイコネ』掲載用として制作された台本です。
 著作権以外の本台本の権利はNTTソルマーレ株式会社『ボイコネ』が所持しています。
 サイト掲載版の台本については基本的に当サイトの規約に則った利用をお願いいたします。
 有料上演配信使用権付き台本の販売もございませんので、基本的には読み合わせや友人同士の声劇などでお使いください。
 配信サイトで利用したい場合は『ボイコネ』内にてご利用ください。
 ボイコネURL:https://boikone.jp/



登場人物
深谷康生(ふかやこうせい):男子高校生。3組。男子バスケットボール部。
村澤灯里(むらさわあかり):女子高校生。3組。クラス委員。
石野文香(いしのふみか):女性教師。看護教諭。




※2019年1月18日 台本使用規約改定(必読)




---------------------------
















 <3組教室>

灯里:……深谷君。

康生:ん? 村澤じゃん。何?

灯里:今日って、部活とかある?

康生:いや、今日は休み。

灯里:あの……今日ってこの後、教室に残れる?

康生:それ、この後の合唱の練習の話だよな。

灯里:うん。合唱祭近いし……深谷君、放課後の練習まだ来たことないから。

康生:あー……そっか。

灯里:どうかな?

康生:悪いんだけど、今日はちょっと無理だわ。

灯里:そ、そっか。

康生:じゃあな。


 ◆


 <保健室>

灯里:(ため息)はぁ~……。

文香:あらら、ふっかーいため息。

灯里:文香センセー……。

文香:んー? どうしたの?

灯里:私……クラス委員やだ……。

文香:保健室来る度言ってるねぇそれ。
   何があったの?

灯里:今って合唱祭の準備中でさ……。

文香:あー、ちょっと予想できたかも。
   練習参加しない男子がいる、でしょ?

灯里:正解……。やっぱりあるあるなんだ……。

文香:そりゃあもう。いつの時代もね。

灯里:合唱祭実行委員の子とさ、板挟みになっちゃってさ……。
   直接声かけたりしてるんだけど、全然ダメで……。

文香:ちなみに、誰なの?

灯里:え? あー……深谷康生君……。

文香:深谷君かぁ。うんうん、なるほど。

灯里:深谷君って、普段明るいし話しやすいのに……放課後になると、ちょっと話しづらいっていうか。

文香:うん。

灯里:なんか……ちょっと雰囲気も怖いとか思っちゃって。
   もう無理かも……。

文香:ねえ、村澤さん。深谷君って、ちょっと不思議だと思わない?

灯里:え……?

文香:今村澤さんが言ったみたいに、深谷君って普段は明るくて、話しやすい。
   でも、放課後の合唱のことになると、すごく話しづらい。

灯里:……うん。

文香:それって、何か理由があるんじゃないかなって思うんだよなぁ。

灯里:……文香センセー、何か知ってるの?

文香:んー、どうかな?

灯里:えー! 教えてよぉ……!

文香:村澤さんが、深谷君に対して違和感を感じたなら、少しだけ知ろうしてみると良いかもしれないよ。

灯里:……知ろうとして、見る。


 ◆


 <3組教室>

深谷:……村澤……?

灯里:……何?

深谷:いや……何か、今日……。

灯里:今日、どうしたの……?

深谷:ずっとこっち見てね?

灯里:そ、そうかな……?

深谷:うん……あとさ。

灯里:な、何?

深谷:……近くね?

灯里:……え?


 ◆


 <保健室>

文香:あはははは!

灯里:笑い事じゃないって……。

文香:いやだって……! 確かに知ろうとしなとは言ったけど……!
   物理的に近くにいても仕方ないでしょ……!

灯里:だって……! どうすればいいのかわかんないんだもん……!

文香:あーほんっと……村澤さん、面白い!

灯里:文香センセー絶対バカにしてる……!

文香:してないしてない! っていうより、感動してる。

灯里:どういう意味……?

文香:そうやってちゃんと行動に移せるっていうことは、簡単にできることじゃないってこと。

灯里:そう、かな……。

文香:そうだなぁ……じゃあ今度は、本人に話してみるっていうのはどう?

灯里:え?

文香:知りたいなら、話さなきゃ。


 ◆


 <放課後・正門前>

灯里:……深谷君。

康生:……は? 村澤?

灯里:あのさ……その……。

康生:お、おう。

灯里:ちょっと! 話そう、よ……!

康生:え? あ……いや――

灯里:駅、まで! 駅までで、良いから……。

康生:わ、わかった。

 <二人は並んで歩く>

康生:あの、さ。

灯里:う、うん。

康生:……なんつーか、ごめん。

灯里:……え?

康生:多分、俺が合唱祭の練習、参加してないから……その話だよな。

灯里:あ……いや。

康生:本当、ごめん。

灯里:ち、違うよ! 謝ってほしいとか、そういうんじゃないの!

康生:……じゃあ、どういうこと?

灯里:知りたいんだよ。深谷君のこと。
   知らないで、ただ参加しないだけなんだーていう風には、納得できなくて。

康生:……え。

灯里:深谷君って、普段からムードメーカーだし……話しやすいし。
   でも、ちょっと雰囲気違うからさ……。

康生:(ため息)だよなぁ。

灯里:何か、理由あるの?

康生:……俺んち、母子家庭なんだ。
   うち、まだ小さい弟がいてさ。部活ない日は、弟を迎えに行ってるんだ。

灯里:……そうだったんだ。

康生:恥ずかしかったんだよ。俺。これを言うのさ。
   だから……村澤に練習のことで声かけられてもさ、言えなかった。

灯里:うん。

康生:マジで、すげえよ、村澤。

灯里:え?

康生:俺、感じ悪かったのにさ。それでも、諦めないで話しかけてくれたろ。
   ……そんで、俺はすげえ、ダサいな。マジで。

灯里:……ううん。そんなことないよ。

康生:ちょっと、親に話してみるわ。
   合唱祭の期間だけでも、放課後参加できるように、頼んでみる。

灯里:え? あ、うん。無理はしなくていいけど――

康生:俺が、そうしたいって思ったんだよ。
   村澤の努力に、少しでも報いれたらって……そう思ったんだ。

灯里:……うん。ありがとう。

康生:頑張ろうな、合唱祭。

灯里:うん!





---------------------------

第4話
台本一覧

inserted by FC2 system