【パラノーマンズ・ブギーを最小人数でやることを考える】

・このページの内容は気づいたら増えています。
・感想、意見受け付けています。作者dominoへご連絡を。
 (連絡先はdoodle.txtトップページを参照のこと)


パラノーマンズ・ブギー Q&A!


注・ここは地獄の三丁目。声劇狂い達の住まう場所。普通の比率でやってもらうのが一番間違いないですw


「とにかく登場人物が多くて、通しがやりたいけど人が集まらない!」
そんな経験、貴方にもあるんじゃないですか?
僕にもあります。というか、僕自身あまりこの台本やったことがないですw
やりたい! ということでーー
本気でパラノーマンズ・ブギーの通し版を最小人数でやればいいのか、考えていきます。


ちなみにですが!
この最小比率を使ったことで、変な感じになったり、喧嘩になったりしてもしらないからね!


まず最初に考えなくていけないのは、『どこまでを最小とするか』
「ぶっちゃけていえば、どこまで役かぶってやれるか!」
ってことなんですけど……条件としてはまず『自分と会話しないこと』ですよね。
これを基準にして、最小化すると。


パラノーマンズ・ブギー@『有り得ない』
元比率:♂5 ♀2 指定なし1

ーーーーーーーーーーーーー

最小比率:♂4 ♀2 指定なし1

速水♂and村田♂:
田中♂and村田♂:
棗♀:
荒人♂:
栄♀:
大藤♂:
ナレーション(N・後輩・ハンター):

ーーーーーーーーーーーーー

これは前編のみ登場の村田を、中編から登場する速水か田中に被らせるパターンです。
シンプルですが、滞りなくできるのでオススメです。


そしてここからは上級者編。
本当にちゃんと意思疎通し合える仲間と、ちゃんと説明の上、理解してからやることを推奨します!

この台本における最大の脅威、それはナレーション!
圧倒的な量と、回を増すごとに増えていくナレーション被りの役たち!
ってなことで、ナレーションを分担していくバージョンで比率を作ってみましょう。


ーーーーーーーーーーーーーー

役表は通し版ですが、台本は前・中・後編を使います。

ナレーション抜き比率:♂5 ♀2

速水♂:
田中♂:
棗♀:
荒人♂:
栄♀:
大藤♂:
村田(後輩・ハンター)♂


【ナレーション担当】
前編:速水 or 田中

中編:村田 or 大藤

後編:村田



コレは最小比率のナレーションを村田に振ったパターンです。
役の被りはないので、実際かなりやりやすいのではないかと。

ただ! これでは最小じゃないじゃないか!
ってことで、ここからさきはウルトラ超級です。
かなり分かり辛いので覚悟してください!

今回は、架空の劇人達を入れてシミュレーションしてみます。
一部台詞がバッティングするところはありますが、二言だけなので多めに見てね。


ーーーーーーーーーーーーー

役表は通し版ですが、台本は前・中・後編を使います。

最小比率(ナレ抜き):♂4 ♀2

速水♂and村田♂:男A
田中♂:男B
棗♀andハンター:女A
荒人♂:男C
栄♀:女B
大藤♂:男D

【ナレーション担当】

前編:男B

中編:
N:男D

後編冒頭:男A or 男D
N:通りを歩いてくる田中の姿に、棗は警戒を強めた。
  反面、荒人は田中の姿を見て目を丸くした。
↓↓↓
N:田中が腕をおろすと、浮かんでいた車がゆっくりと着地する。
  壁を乱暴に叩き付けるような音が周囲に木霊した。

後編序盤1:女A or 女B or 男B or 男C
N:小綺麗なオフィス街に一台の薄汚れたバンが止まっている。
  あまりにも場違いなそのバンを見て、会社員達は訝しみながら通り過ぎていく。
  速水朔は、運転席でつまらなそうにあくびをした。
↓↓↓
N:大藤は感情を失ったかのような無表情で、速水を見つめていた。

後編中盤1: 男D
N:ビルの影に一陣の風が吹き込む。
↓↓↓
N:田中が咄嗟に横に転がると、田中の脇を光線が通過する。
  光線はビルにぶつかると、壁に大穴を空けた。
  ハンターから放たれた必殺の光線である。

後編中盤2:女A or 男C
N:速水と大藤を乗せたバンは、制限速度を超えて大通りをひた走る。
↓↓↓
N:速水は白いコートを翻し、戦闘の中心地へと歩いていく。
  大藤もスーツの中から刃渡り50cm程の短刀を取り出し、速水の後に続いた。

後編終盤2:女B(2台詞のみ隣通しあり)
N:前方で無数の瓦礫を操る田中は口元に楽しげな笑みを浮かべていた。
  数度目になるだろうか、田中の制御を逃れた瓦礫達が棗と荒人に飛来する。
  荒人はそれらを自らの超能力で産み出された、衝撃波で切断する。
↓↓↓
N:しかし、一度の敗北が運命を変える、ということは往々にしてあるものだ。

後編ラスト:女A or 男C or 男D
N:数日後、とあるファミリーレストランの禁煙席に、綺麗に着飾った女性が憮然とした表情で座っていた。
↓↓↓
最後まで

ーーーーーーーーーーーーー

後編エグいですね。
しかし! 一人削ることができるんだから!
それでいいじゃない! ……良くない?


 ◆◇◆


この調子でAもしばいていきましょう。


パラノーマンズ・ブギーA『幸運少女』
元比率:♂5 ♀3 指定なし1

ーーーーーーーーーーーーー

最小比率:♂4 ♀3 指定なし1

田中♂:
棗♀:
荒人♂:
麗奈♀:
栄♀:
岩政♂:
七原♂ and 速水:
ナレーション(N・塾長・管理人):

ーーーーーーーーーーーーー

これは主人公を被らせることで、男性を減らすという技です。
速水をかぶるのは田中でも荒人でも大丈夫ですのでお好きにどうぞ!
ただし、この比率……まだ減るよ。

ーーーーーーーーーーーーー

超最小比率:♂4 ♀2 指定なし1

田中♂:
棗and栄♀:
荒人♂:
麗奈and栄♀:
岩政♂:
七原♂ and 速水♂:
ナレーション(N・塾長・管理人):

ーーーーーーーーーーーーー

あら不思議。随分とスッキリしましたね!
ここまで来たらヒロインも被せちゃおうっていう鬼比率です。
これも、棗と麗奈、どちらが被ってもオーケーです。
実は、今回は会話してないんですよね。
セリフ量的には麗奈がオススメです!

では、こちらもお馴染み。ナレ抜き版も作っていきますよ!

ーーーーーーーーーーーーー

役表は通し版ですが、台本は前・中・後編を使います。

ナレーション抜き比率:♂4 ♀3

田中♂:
棗♀:
荒人♂:
麗奈♀:
栄♀:
岩政♂:
七原♂and速水♂::

【ナレーション担当】

前編:田中 or 荒人

中編:棗 or 麗奈

後編:七原and速水

ーーーーーーーーーーーーー

これはかなり持ち回りがわかりやすくていいですね。
全員かなり喋るのでいいんじゃないでしょうか。

それでは、ここからさきは地獄の超級です。。。
特に大変なことになるので、やった猛者達は教えて欲しいレベル。

ーーーーーーーーーーーーー

役表は通し版ですが、台本は前・中・後編を使います。

超最小比率(ナレ抜き):♂3 ♀2

田中♂:男A
棗♀:女A
荒人♂and速水♂:男B
麗奈and栄♀:女B
岩政♂ and 七原♂:男C

【ナレーション担当】

前編:男C

中編:女A

後編冒頭:男A or 男B or 男C
N:麗奈は自宅の玄関を開ける。
  廊下から流れる、ひんやりとした空気が、家の中に誰も居ないことを主張していた。
↓↓↓
N:棗は眼前にぶら下がった、室内灯の紐に手を伸ばした。
  紐に手が触れた瞬間、能力が発動する。
  棗はビクリと身体を震わせ、椅子に座り込んだ。
  彼女は何を観たのかは知れずとも、彼女が今、何を思うのかは明白だった。
  棗は、怒っていた。
  服の端をちぎれるほどに握りしめて、怒っていた。

後編序盤:女A or 男B
N:岩政と栄は、駐車場の入り口に立っていた。
↓↓↓
N:栄は胸ポケットから小型の音声レコーダーを取り出した。

後編中盤:男A
N:棗はゆっくりと階段を下りながら胸元のポケットを探り、5センチ程の仕込み針を取り出す。
  それは非力な棗が、自営の手段として訓練していた暗器だった。
  棗は階段の下に人影を見つけると針をゆっくりと振りかぶったーー
↓↓↓
N:岩政は棗を背に庇いながら、2人へとゆっくりと近づいていく。
  激しい震動と風を受けながら、岩政は笑顔を浮かべていた。

後編終盤:男C(一言だけ隣セリフ有り)
N:栄と田中は屋上から校庭の様子を見下ろしていた。
↓↓↓
最後まで

ーーーーーーーーーーーーー

ついに過半数がかぶることになりました。
まさに超級。これ、誰がやんの……?


 ◆◇◆


第三話以降はまた次の機会に!



doodle.txtトップページ

Copyright (C) 2008 domino All Rights Reserved. inserted by FC2 system