パラノーマンズ・ブギーB
『つつがなきや 後編』
作者:domino



宝屋敷 志麻(たからやしき しま):17歳。女性。宝屋敷飯店の一人娘にして、人造人間レーベル第四号『死魔』

荒人(あらひと):22歳。男性。速水探偵事務所、職員。かくて西之宮明人は荒人になったのだ。

岩政 悟(いわまさ さとる):32歳。男性。ハゲだからこそユーモアを忘れません。ええ。超能力者。

伝馬 シン(てんま しん):19歳。女性。世俗にまみれたぶっとんだねーちゃん。

セオドア・ウィルソン:38歳。男性。特務機関『PASS』の提督。大切なのはソウル。

田中 新一郎(たなか しんいちろう):25歳。男性。速水探偵事務所、職員。誘惑が多いのは最強故。

栄 友美(さかえ ゆみ):23歳。女性。速見興信所、職員。せっかくの初旅行なのに。。

壱(いち):外見年齢16歳。男性。幼い時、その身を改造された人造人間レーベルの第壱号。


峯田 翔子(みねた しょうこ):当時12歳。病気によりこの世を去ったが、研究により宝屋敷志摩となる。宝屋敷と被り役。





【あらすじ】
宝屋敷飯店の一人娘、志摩は夏休み中も店の手伝いに奔走していた。
そんな志摩の元に、一人の青年が現れた、志摩の幼馴染であり、5年前に街から姿を消した『明人』
明人は自らを『荒人』という名で名乗った。
荒人は、超能力者である岩政と共に、数ヶ月前『青の教団』に拉致された少女たち、棗と麗奈、
そして、今現在『青の教団』に狙われている志摩を守るために、街に帰ってきたのだった。
しかし、荒人は自らの過去に押し潰されそうになり、志摩はそんな荒人を突き放す。
荒人と志摩、お互いの過去と現在の間にぽっかりと空いた溝に阻まれるように。
志摩を影で守っていた特務機関『PASS』の提督、セオドアは、岩政との会談の末、お互いに協力し『青の教団』を撃退せんと動き出す。
迎えた夏祭りの日、教団は街を襲い。超能力者たちの祭りははじまった。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−







 ◆◇◆


N:”祭り”の起こる数時間前。
  岩政の愛車、ドロシーの助手席で、セオドアは背もたれに頭を預けていた。

セオドア:うん。素晴らしい乗り心地だ。

岩政:ドロシーも喜んでいますよ。ええ。

セオドア:(吹き出して)ひょっとして君がメールで言っていたドロシーというのは、
     この車のことだったのか?

岩政:その通りですが……何か?

セオドア:なるほど、変態め。

岩政:お褒めに預かりまして光栄です。

 間

セオドア:そうだ……明人は、元気?

岩政:明人……ああ。そうですね。元気に暴れていますよ。

セオドア:そうか。大人しくて自己主張のかけらもなかったけどねえ。
     ま、楽しそうならなによりだけどさ。

岩政:……聞いてもよろしいでしょうか。

セオドア:何を?

岩政:西之宮コーポレーション第三研究所倒壊事件について。

  間

セオドア:……祖父がまだ『PASS』を率いていたころだ。
     俺は祖父に連れられて第三研究所を訪れた。
     祖父はすでにその頃、『あの研究』に感づいていて、内部を探る機会を探していたんだ。

岩政:『あの研究』……ですか?

セオドア:所長の西之宮 亜希菜(にしのみや あきな)との会談の最中だったな。
     祖父の後ろで待機していた俺のもとに、彼らがやってきた。
     研究対象と目されていた少年少女達。そして所長の息子、西之宮明人だ。
     俺は祖父に、彼らの面倒を見るように言われ、様子を見ていたよ。
     彼らは皆、身寄りのない病気の子供達だった。
     ……研究対象の子供達は、僕の予想に反してみんなとても幸せそうだった。
     第3研究所自体が『彼らを治療をする医療施設』というていをなしていたからね。
     実際に彼らをケアするあらゆるものがあそこにはあった。
     彼らも、幸せだっただろう。
     (間)
     ……死ぬまでは。

 間

セオドア:いいか、岩政悟。
     西之宮第3研究所が行っていたのは、死んだばかりの子供の心臓に『超常的物質(アンノウン)』を埋め込み、
     人工的に超能力者を作り出すという悪魔の研究だ。

岩政:……なんですって?

セオドア:そして、その手術に適合した子供のことを、人造人間『Label(レーベル)』と呼ぶんだよ。


 ◆


荒人:……あの日、俺が研究所に戻ったら、中は空っぽだった。
   受付にも誰もいなくて、エレベーターも止まってた。
   上層に登ったら……白衣の人が倒れてて……顔を見たら、母さんだった。
   母さんが、死んでたんだ。胸を一突きだった。
   あの怖くて怖くてたまらなかった母さんが、動かなくなってた。
   周りを見渡したら、廊下にはたくさんの人が、倒れててーー
   その先に、『あいつ』がいた。
   壱が、いたんだ。


 ◆


セオドア:……当時、俺が知っていたレーベルは一人。
     『壱(いち)』と呼ばれている少年だった。
     彼は適合者第一号。故に、壱。
     壱は他の子供達のリーダーであり、そして異常に人として優れていた。
     だからだろうなーー悲劇は起きてしまった。


 ◆


荒人:あいつが、みんなを殺したんだ……それに気づいた瞬間、頭に血が上った。
   でもそれ以上に、俺の中で何かが囁くんだ。
   『これで自由だ』ってさ。
   『僕』は……西之宮明人は……。
   ーーその瞬間に、全てから解放された。


 ◆


セオドア:……明人はね、知っていたんだよ。自分の母が何をしていたのか。
     そして、今目の前で駆け回っている彼らが、どういう運命を辿るのかも。
     それでも彼には力がなかった。俺たちにそれを伝える勇気さえなかった。
     彼が悪いとは言わないが、それでも彼はまだ弱い少年だった。   


 ◆


荒人:僕は嘘をついていた。


『翔子:私はね、翔子っていうの!

『壱:僕は壱(いち)だ……よろしく


荒人:君たちは友達だったのに。


『壱:……明人もやってみなよ。
   いや、僕は見ているだけでいい……それだけで、楽しいから。

『翔子:見てみてー! ほら、これ!
    壱、アキくん、似合うかな!


荒人:守りたいものは君たちだけだったのに。


『翔子:私ね……もうすぐ死んじゃうんだって。
    っていうのは、最初から知ってたんだけど……。
    あのね、所長が、もしかしたら、治るかもしれないって。
    ここに連れてきてくれて……うん。でも幸せだよ!
    普通にしてたらもう死んじゃってたのに、ここで……。
    アキくんと出会えて……だからーー悲しまないで。

『壱:翔子のこと、聞いたんだね。
   ……明人、知っているんだろう?
   うん。でも……君は気にすることはないんだ。
   だって、それが僕たちの……宿命だ……。


荒人:僕は怖くて……! 怖くて! 怖くて!


『壱:翔子の手術は成功したよ。明人。
   ククク……成功した、か。
   ねえ、明人ーー


荒人:嘘をついたんだ! 僕は!


『壱:明人……明人……! 明人ォ!
   僕らは……なんだったんだ?


荒人:声が……したんだ。
   『目の前にいるこいつがいいチャンスをくれたぞ。
   すべてを捨てろ。お前はお前のものだ。
   荒々しい感情の波で、すべてを飲み込め。


『壱:終わらせよう、明人。
   全てを。


荒人:その瞬間、僕は、超能力者になった。
   衝動に飲み込まれ、そして、壱と戦い。
   研究所を倒壊させそして……壱を、殺した。
   あいつが母さんを殺したからッ!
   あいつがみんなを殺したからッ!
   違う! 違うんだよ……僕は、壊したかったんだ。全部。
   (間)
   志摩ーー翔子、ごめん。西之宮明人も、『俺』が殺してしまった

 ◆


岩政:では……研究所はーー

セオドア:超能力者として覚醒した西之宮明人が破壊した。
     結果、事件の首謀者であった壱も死亡。
     他の研究対象の子供たちも、ほぼ全員が死亡、及び行方不明だ。
     俺達が駆けつけた時には……それはひどい有様だったさ。

岩政:ほぼ全員、ってことは……。

セオドア:ああ、一人いたんだ。
     事件の前に、レーベルになった4人目の少女。
     生前の名前は翔子……レーベルとしての識別名は、『四魔(シマ)』


 ◆◇◆


宝屋敷:明人くん。

N:志摩は荒人を背中から抱きしめた。

宝屋敷:……手術をしてから、私の中にいる翔子は薄れてしまったんだ。
    死ぬ前のこと、ぼんやりとしか覚えてないし、気がついたら私は『志摩』だった。
    でもね……明人くんのこと、覚えてたでしょ?
    それだけじゃない、所長のこと、職員のみんなのこと、私は今でも夢に見る。
    壱のことだって、そう。

 間

宝屋敷:……みんな大切で、みんな特別で……。
    だから、夢に見て、うなされて、苦しんで……それで、どうするか決めるもんだよ。
    だって、それもできなかったら、人間じゃなくなっちゃうじゃん!
    (間)
    逃げたんだよ明人くんは、そういうのから全部。
    どっかのおじさんに連れられて、勝手に超能力者だーなんつってドヤ顔で仕事しちゃってさ。
    挙げ句の果てに、何? 荒人って。超スーパーウルトラダサいよ。

荒人:……ダサいか……そうだな。

宝屋敷:だからさーー

壱:だから、か……。

N:2人の前に、立っている少年がいた。

荒人:え?

壱:……久しぶり……。

荒人:う、嘘だろ。

壱:僕、だよ……。明人……それと、そこにいるのは、祥子、だろ?

荒人:なんでお前が……!

壱:逃げられないんだね……僕らは。
  でも、きっとこうなるって思ってた。

荒人:壱ぃぃぃぃ!!!


 ◆◇◆


N:神社の境内に大穴が空いた。

セオドア:クッソ!

N:巻き上がる土煙が晴れると、シンの姿はどこかに消え失せていた。

セオドア:(舌打ち)岩政ァ! 報告しろ!

岩政:残ったお客さんの誘導は無事に!
   しかし、教団の手のモノが街の方にも現れたとの情報があります!

セオドア:2面作戦……? あの女がこんなにあっさりと引いたわけだ。

岩政:セオドア提督……山側から敵の増援舞台です!

セオドア:ジャクソン! ディーン! 六号ルートを取って街を東から制圧!
     グレッチ、シェクターで海岸線から敵の本隊を強襲!
     ここは俺と岩政で抑える! お前らァ、生(い)くぞッ!


 ◆◇◆


N:街は騒然としていた。
  押し寄せた青の信徒は、思うがまま、目に付いたものを破壊してまわる。
  秩序なき暴力の延長線上に男性は佇んでいた。
  足は震え、動くことを許さない。
  そんな彼の身体に、信徒は手に持った暴力を振り下ろす。

田中:走れ。

N:そしてそんな暴力を組み伏せるのは、抑止力。
  超能力者ーー田中新一郎は信徒の顔面に衝掌(しょうてい)を叩き込むと、周囲を油断なく見渡す。

田中:彼女と初めての小旅行だってのに……!
   ホテルにチェックインすらできねえってか。

N:男性が逃げていくのを確認すると、田中は超能力を発動する。
  信徒たちは、暴風を起こして飛び回る標識に吹き飛ばされていく。

田中:あん……力場?

N:田中はとっさに後方に飛んだ。
  空気の流れが揺らいだかと思うと、田中の眼前で小さな爆発が起こった。

田中:能力者まで持ち出してんのか……!

N:路地裏から飛び出してきたのは、青い戦闘服を着た信徒。
  明らかに戦闘に慣れたようすで田中に肉薄する。

田中:ザコはァ! 寝てろォ!

N:信徒は、田中が振り抜いた拳によって吹き飛ばされた。

栄:(駆け寄り)新一郎君!

田中:おう! どう。状況はわかった?

栄:戦場は二面以上あるようですね。
  一つはここ、もう一つは猪前神社。
  岩政さんと、特務機関『PASS(パス)』は、おそらくそちらで作戦を展開しているかと。

田中:ったく……!

栄:連絡手段はありませんが、私の計算では数分中にこちらにも増援を送ってくださるはずです。
  ですからーー

田中:それまでここを守れってことね……了解。

栄:……無理、しないでくださいね。

田中:側で見守っててよ?

栄:その代わり、やられないように守ってくださいね。

田中:はいはい。お姫様。

シン:ーーあらあら。

N:2人に近づく人影があった。
  和装に身を包んだ美しき少女ーーシンは、2人を交互に見つめながらゆっくりと歩みを進める。

シン:こんな夜更けに逢い引きだなんて、世俗の方々は随分と進んでいらっしゃるのね。

田中:……ああ、悪いな。
   今いいところなんだ。邪魔しないでもらえると助かる。

シン:そうでしたのね。私ったら、お邪魔してしまいましたわ。

栄:(小声で)新一郎くん……この人。

田中:(小声で)下がってろ……ユミ。
   ……なあ、あんた。今からでも構わねえから、二人っきりにしてもらえねえかな。

シン:そういわれましても……実のところ私、あなたに用事がありますの。
   ”巨人(ジャイアント)”田中新一郎さん。

田中:人違いだ。

シン:まぁ! いけない私ったら……はしたないことを考えてしまいました。
   ……あったばかりの殿方のことを、狂おしいほどに青く染めたいだなんて……。

田中:言ってることは甘酸っぱいが、あんた……右手に持ってるもんがドギツすぎるぜ。

N:田中はシンの手に握られた大太刀を呆れたように見つめていた。
  シンは大太刀を上段に構え、腰を落とした。

シン:改めて名乗らせていただきます。
   私は『青の教団』の使徒が一人。シン。
   この刃に愛を込めて……参りますわッ!

田中:勝手に参るなッ!

N:高速で接近し、振り降ろされたシンの大太刀が、田中の首筋に迫る。
  その瞬間、田中の瞳が光を失い、超能力が発動した。

シン:素晴らしいですわッ!

N:田中は力場を指に集中させると、人さし指と中指で大太刀を受け止める。

シン:青に、なりましょう。新一郎様。

田中:悪い……俺、女の下着は赤のほうが好きなんだわ。


 ◆◇◆


荒人:どうして! お前は、俺が……!

壱:そう……そうだよ。君はあの日、僕を壊した。
  僕が君を……ん? どうだったかな……。

 間

壱:どうして僕らは……こうしてここに……。
  ふ、ふふふふ……ハハハハハ!
  そうだ、そうだね。僕は……そうなんだよ。
  明人。僕は僕であって僕じゃない。

荒人:何を、言ってる……!

壱:君は、僕を殺した。
  完膚なきまでに、身体の細胞の一つまで壊し尽くし、研究所ごと倒壊させた。
  でもあの後すぐに、僕の身体は彼らに掘り出された。
  そうーー『青の教団』にね。
  (手を広げて)彼らは壊れた身体から『僕』を取り出した。
  そして、人口的に作り上げたこの身体に僕を埋め込んだんだ。

荒人:埋め込んだ……? 何をーー

壱:明人。僕ら『Label(レーベル)』の意識や記憶はあくまで、コアに埋め込まれた物体の中にある。
  僕らは脳みそを潰しても死なない。わかりやすく言おうか……僕らはね、人間じゃないんだ。

宝屋敷:やめてッ……!

壱:だから、そう。そこの少女ーー『四魔(しま)』も人間じゃない。
  峯田祥子(みねたしようこ)という少女の身体に埋め込まれた、アンノウンにすぎないのさ!

宝屋敷:うるさいッ!

壱:四魔。君は多少なりとも祥子の記憶を持っているようだけれど……自分でもわかっているだろう?
  それはあくまで祥子の記憶で、僕らのものじゃない。
  君と明人は幼馴染なんかじゃない! 明人の大切な人間の、死んだ身体を動かしている寄生虫だ!

宝屋敷:黙れえええええッ!

N:超能力が発動し、志摩の腕が黒く変色していく。

壱:いいかい、四魔。祥子は、明人の事を、『アキくん』と呼んでいたんだ。

宝屋敷:ああああああ!

N:志摩は壱に肉薄して腕を振るった。
  壱はそれを片手で受け止めると、志摩の腹に蹴りを入れた。

宝屋敷:ガッ……ハッ。

壱:もう……いいんだ。人間のフリは、やめよう。

宝屋敷:私は……! 人間、だもん……!

壱:違う。君はただのーー

宝屋敷:人間だもん! 人間なんだもん! ちゃんと……気持ちがあるんだもん!

壱:僕と、おいで。それが、君にとって一番ーー

N:直後、暴風が吹き荒れた。
  目に見える程の力場の渦に包まれたかと思うと、壱の身体は吹き飛び、錐揉みして民家の塀に激突する。

壱:明人ォ……! 君はまた……!

荒人:うるせえええええええ!

N:荒人は、志摩の身体を抱きかかえながら吠えた。

荒人:うるせえよ……うるせえ! うるせえうるせえうるせえ!
   くだらねえこと言ってんじゃねえぞ!

壱:まるで子供だな。

荒人:おい、立てるか?

宝屋敷:……うん、ありがと……。

荒人:俺、ずっとどっかで思ってたんだ。後ろめたいって。
   守れなかった。傷つけちまった。
   みんな壊して、殺して、俺のこと、許してくれないんじゃないかって。

宝屋敷:……うん。

荒人:今の君のこと、何一つ見もせずに……俺は過去ばかり観てたんだな。

宝屋敷:うん……。

荒人:逃げてるままじゃ、人間じゃないって、いったろ。
   俺には、難しいことはわかんないけどさ……じゃあ、立ち向かうしかないよな。

 間

荒人:本当に、ごめん。祥子って呼んじまって。

N:荒人は、志摩の顔を真っ直ぐ見つめて、笑った。

荒人:俺は、荒人。超能力者をやってる。
   お前の名前は?

宝屋敷:私は……。

 間

宝屋敷:私は、宝屋敷、志摩です。
    宝屋敷飯店の看板娘で、女子高生やってます。

荒人:そっか。じゃあ、ちょっと手伝ってほしいことがあるんだ。

宝屋敷:なんですかぁ? 荒人くん。

荒人:殴りたいやつが、いるんだ。

壱:それって、僕のこと?

荒人:そいつは昔っからなんでもわかってるって顔してさ。
   そんでいつも俺達を遠くから見守って、宝物みたいに俺達を扱ってさ。
   ーーすげえムカつくんだ!

宝屋敷:奇遇だね。私にもいるんだ、そんなやつがさ。
    自分が総てを背負えばすむって、なんでもかんでもやろうとすんのに、やることなすこと抜けてるやつ!

荒人:きっとそいつはわかってねえんだよ、自分がそんなにすごくねえってことをさ。
   どうせ! 人体実験されまくった上に、自分の産まれた街を壊して、志摩を連れてくるよう命令されて、
   しかもそれを拒否できないような状況作られて!
   なんだよお前! 漫画のヒロインか!?

宝屋敷:『私が……私が犠牲になればいいんですね……!
     言うとおりに、します……!

荒人:うっぜー!

壱:(微笑んで)言いたい放題だな。

荒人:お前が今……俺達のことどう思ってるかは知らねえよ。

宝屋敷:でも、私達は、壱を助けるつもりだよ。

壱:へえ、何から……?

荒人:さあな。人間らしく考えてみろよ。

壱:人間……らしく?

宝屋敷:そうそう! 壱……喧嘩しようよ。人間らしくさ。

荒人:俺達は強いから、勝ち目はないかもな。

壱:フ……アハハハハハ!
  ……そうか。なんだか本当に……ムカついてきたよ。

N;黒い羽が煌めいた。


 ◆◇◆


N:シンの斬撃が空気を切り裂いて田中の脇を通り抜ける。

田中:……マジかよ! 本当に君、超能力者じゃないんだよねえ!

N:田中の腕の代わりに浮き上がった電柱がシンに襲いかかる。

シン:私のことが気になります!? 気になりますよね!
   私のこと! もっともっともっともっと!
   知ってくださいませえええええ!

N:シンは一足飛びに田中との距離を詰めると、斬撃を放つ。
  田中はそれを受け流しながら、能力を発動した。

田中:バイバーイ。

N:超高速で飛来したバイクが、シンの身体を吹き飛ばす。
  シンの身体はきりもみすると、通りの先に転がっていく。

田中:カッ、ハ……クソッ……!

栄:新一郎くん!

N:田中は膝をついて空気を吐き出した。
  超能力を打ち込んだ瞬間、シンの反撃を受けたのだ。

田中:(息を乱して)この技……大藤と同じッ……!

シン:圧縮した気で、力場を穿つ『超気功(ちょうきこう)』
   私たちの秘術ですのに……他にも使えるかたがいらっしゃいますの?

N:シンは口元の血を拭いながら、通りを歩いてくる。

田中:……いや本当。そこまで服がやぶれてると目のやり場に困るね。
   どんなスタイルしてんのよ。

シン:あら……この身体に興味がお有りですの……?
   それならそうと言ってくだされば、私もそういう戦いをーー

栄:潰しますよ。

田中:あ、あははー。

シン:コブ付きだなんて……本当にいけずな方ですのね。
   新一郎様ったら……。

田中:っていうか君、『青の教団』じゃないんなら、何者なわけ?

 間

シン:おもしろぉい。

N:次の瞬間、シンの口が歪んだ。
  下弦の三日月が昇ったように、心底楽しそうな笑みだった。
  そしてそれは、明確にシンが『変わった』瞬間だった。

シン:やっぱりあなた、おもしろぉい。
   どこで気づいたのぉ?

田中:あん? いや、どこでってねえ……ユミちゃん。

栄:先ず、貴女は岩政さんから携帯電話を奪ってメールをしてきましたね。
  ……新一郎くんをここにおびき出すために。

シン:うん。あの文面なら確実に不審に思って出てくると思ったのぉ。

栄:私たちもまんまとおびき出されたわけですね。
  そこまでなら、教団の犯行と捉えることはできます。
  新一郎くんが九州支部を潰したことは、彼らにとっては痛手のはずですから。
  傷も癒えない内に叩こうというのは常套手段です。

シン:なおさら教団の仕業みたいだけどぉ。

栄:あの……。”巨人(ジャイアント)”を倒すつもりなら……私なら二つ名級能力者を10人は用意しますよ。
  それだけの戦力を用意していない時点で、これは『青の教団』ではなく、貴女の単独作戦だと判断しました。

シン:……それだけぇ?

栄:ええ。でも、それだけ田中新一郎は、強いんですよ。

田中:いやぁ、照れるぜぇ。

栄:さて……貴女は、何者ですか。

シン:私は、伝馬(てんま)シンだよぉ。

栄:いや、名前じゃなくてですね……。

N:シンは大太刀を地面に突き刺した。

シン:田中新一郎さぁん。
   うちの妹が、世界最強の念動能力者(サイコキネシスト)と同じ事務所にいるって聞いてぇ……
   私、疼いちゃったのぉ……。

田中:妹……?

シン:そう。伝馬ヨミは、私の妹。
   そっかぁ……うんとねぇ。あなたたちが探している、棗ちゃんのことぉ。

栄:棗ちゃんの!? 貴女が……?

シン:そうなのぉ、寄り道してたらあなたを見つけてぇ。
   ついてきちゃったぁ。

田中:へえ……寄り道ってことは、目的は別にあるんだな。

シン:それはないしょ。だって、君達の後ろにはさぁ、いるでしょ?
   ーー本当の怪物。ハヤミ、がさぁ。

N:シンはしゃがみ込んで大太刀の刃を指で撫でた。

シン:……さぁって、楽しかったぁ。

田中:まだ話は終わってーー

N:次の瞬間、シンは田中の唇に口づけをしていた。

栄:なっ……!?

シン:また、遊びましょうねぇ。
   今度は、怪我も治しておいて……私、激しいのが好きなのぉ。

N:シンは服を脱ぎ捨てると、美しい肢体を夜に晒した。
  そして、膝を曲げると、空高く飛び上がり、蒼い月明かりに紛れて姿を消した。

栄:新一郎くん、後を……!

田中:……あの、動けねえ……。

栄:……なんですか。腰砕けですか。

田中:ち、違う! あの娘、口から気功を打ち込んできてーー

栄:(泣きながら)新一郎くんの……バカァアアアアア!!

田中:だから違うって! うおっ!

栄:(頭をたたきながら)何が最強だーー! 唇を許すなぁぁぁぁ!!

田中:痛い! 痛いって! 傷口開くぅぅぅ!!


 ◆◇◆


N:壮絶だった。

宝屋敷:落ちろおおおおおお!

N:志摩が黒い腕を振るい、壱の身体は山の斜面へと叩きつけられる。

宝屋敷:荒人くんッ!

荒人:おうッ!

N:荒人は土煙の中に迷わず突っ込んでいく。
  壱の黒い爪が荒人の首筋に突き立ち、血が舞う。

壱:死ねええ! 明人ォ!

荒人:てめえが死ねええ!

N:荒人は超振動した拳を壱に叩き込む。

壱:(血を吐き出す)

荒人:いい加減倒れやがれ!

壱:こっちの……台詞だッ!

荒人:ぐあああああ!

N:壱の羽が荒人を弾き飛ばす。
  荒人の身体は木をなぎ倒しながら斜面を転がり落ちていく。

壱:四魔は……!

宝屋敷:こっちだっての!

N:高速で行われる戦闘。
  2人の身体に傷がついていく中、一撃でも捉えられたら終わりのインファイト。
  志摩の爪と、壱の爪が互いに交錯し、甲高い音を立てる。

壱:遅いよ……!

宝屋敷:(舌打ち)しまったッ!

壱:コアだけあれば生きていられるからね。
  首を落としてやる……!

N:壱の翼が大鎌のような形状で志摩の首に迫った。

荒人:させるかよおお!

宝屋敷:荒人くんッ!

壱:しぶといなぁ……!

荒人:あっ、たりめえだろぉが……!

N:血まみれの荒人は、壱の翼にしがみついていた。

荒人:お前がそうやって立ってやがるのに……!
   また俺が負けてやるわけに行くかアアアアア!

N:荒人は、壱の翼を引きちぎった。

荒人:志摩ァァ! 抑えろォ!

宝屋敷:うん!

N:志摩は壱の足にしがみついた。

荒人:壱ぃぃぃぃ!

壱:明人ォォォォ!

荒人:ウォォォォオオオ!!!

N:それから、荒人は、壱の身体を無茶苦茶に殴りつけた。
  何度も、何度も、何度も、何度も、何度も。
  骨が折れ、血が飛び散り、そして、壱の身体はゆっくりと、地面に崩れ落ちた。

荒人:ハァ……! ハァ……!

壱:……強くなったね……明人……。

荒人:俺はッ! 荒人だ!

壱:ハハ……そうか……。

宝屋敷:壱……貴方は、どうして……。
    どうしてッ! ここに来たの!?

壱:そんなの……決まってる……。

宝屋敷:……どうして……!

壱:僕には、ここしかないから。

 間

壱:志摩……家族が……できたんだろ?

宝屋敷:……うん。そうだよ。

壱:いい人間かい……?

宝屋敷:うん……びっくりするくらい……。

壱:良かった……大事にするんだよ……。

宝屋敷:……うん。

壱:荒人……君は……東京の事務所にいるんだろ……?

荒人:ああ……。

壱:楽しいかい?

荒人:……ああ。

壱:そうか……棗さんは、無事だよ。

荒人:……そうか。

壱:ただし……エンジェルは……早くした方がいい……。
  教団は、君達が思うより……ずっと……深い……。

荒人:ああ……ありがとうな。

壱:(血を吐き出す)さあ……そろそろ……潰してくれるか。
  頭でも、心臓でも、だめだ。
  胸の真ん中……ここだ……ここを、潰せ。

荒人:……壱。

壱:なんだい。

荒人:自由だ。

宝屋敷:(泣きながら)いちぃ……!

壱:……そうか。

荒人:自由だ……!

壱:そうか……!

荒人:自由だ!

宝屋敷:自由だ……!

壱:自由だ!

荒人:自由だァ!

宝屋敷:自由だッ!

壱:自由だ! ハハッ!
  あぁ、楽しみだな……!

荒人:ああ! 楽しんでろ……!

宝屋敷:いちぃ! ありがとう!

壱:ふたりとも……! またどこかで。

荒人:あああああああ!
  
N:荒人は腕を壱の胸に突き入れた。


 ◆◇◆


セオドア:俺は、英雄ではない。
     祖父の名を頂き、祖父の後を継いだ今も、本当の英雄の影に怯える毎日だ。
     その癖、こっちが助けを求めても、本人は笑えないジョークばかり。
     碌でもないクソジジイだよ。
     だが、彼に教わった一番大きなことはね、岩政くん。

 間

セオドア:『魂(ソウル)だけは手放すな』ということだ。

岩政:魂……。

セオドア:世界は、波だ。
     大きなうねりに巻き込まれ、自らを見失うこともあるだろう。
     今、君は、視界を塞がれている。
     だが視界がなくても見えるものもあるだろう。
     ここから見える、海は穏やかだ。
     街明かりと、月明かりの同居した、この景色。
     ーーこれこそが俺の魂(ソウル)だ。

N:セオドアは車から降りた。

セオドア:君は明人をここにつれてきた。
     事情を知っていようが、いまいが。
     君たちが指名手配をされていることさえも、俺にとっては関係ない。
     君は、明人をここに連れてきてくれたんだ。
     だから、俺は君にすべてを話した。
     それに君が言った……なんだっけ?
     クソみたいな人情派?

岩政:……お恥ずかしながら。

セオドア:君の魂(ソウル)は、そこにあるんだろう。

 間

岩政:私は、クソッタレた人情派のデクの棒です。ええ。

セオドア:ならば聞こう。岩政悟。
     なぜ、君はここにいる。


 間


岩政:私の教え子たちを攫った連中。『青の教団(あおのきょうだん)』
   私は、奴らの企みを阻止し、打ち倒すための力を欲し、ここに参りました。
   特務機関『PASS(パス)』の力をどうか!
   どうか、力をお貸しください!

セオドア:ああ、いいだろう。
     特務機関『PASS(パス)』は、君達に力を貸そう。
     ……ただし、街の修繕が終わってからな。

N:車の窓から田中が傷ついた頬を掻きながら笑っていた。

田中:いやぁ、すんませんね。提督。

セオドア:まったく。君の能力はなんだ?
     蛇口の壊れたシャワーみたいだな。

栄:ハハ……あの、すみません。本当に。
  ありがとうございます。

セオドア:礼を言うのはまだ早い。
     レディ・ユミ。私たちの蜜月はこれからーー

田中:おーし、話は終わりだ。
   車出そうぜー。

栄:あ! こら! 失礼でしょ!?

セオドア:ハハハ! いや、実に楽しい。
     どんなときでもユーモアを忘れない……いいチームだ。

岩政:……それでは、また連絡を。

セオドア:ああ。また近いうちに。

N:2台の車が走り去るのを見送ると、セオドアは眩しそうに海を眺めた。

セオドア:さて、おもしろくなりそうだ。


 ◆◇◆


宝屋敷:で、どう?

N:猪上(いのうえ)展望台。西之宮コーポレーション第3研究所、跡地。
  荒人は志摩が押す車椅子に乗りながら、慰霊碑を見上げていた。

荒人:ああ、綺麗だな。

宝屋敷:そうじゃなくて……傷の方。
    潮風、響くんじゃない?

荒人:そりゃ、全身痛いけど……。
   っていうか、志摩は?

宝屋敷:はぁ? いや、私はスーパー女子高生だし。
    傷なんてすぐ治っちゃうの。

荒人:さいですか……。

 間

宝屋敷:ほら、ちょっと腰上げて。

荒人:あ、おい……!

N:志摩は荒人の手を取ると、そっとその手を慰霊碑に導いた。

宝屋敷:壱も、ここにいる?

荒人:……どうだろうな。

宝屋敷:ほら、恥ずかしがらないで……!

荒人:いや、そういんじゃないけど……。

 間

宝屋敷:みんな、待ってたんだよ。ここで。
    ここにあるのは慰霊碑だけだけど、でも、ここで待ってたんだよ。

荒人:俺は……。

宝屋敷:ほら……わかるかな。
    みんな言ってるよ、やっと……明人くんが帰ってきてくれたって。

荒人:……ただいま……。

 間

荒人:ただいま。みんな。

N:稀に世界は不思議な一面を見せる。
  それは超能力などよりも、より一層、幻想的な出来事だった。
  2人を見下ろすように淡い淡い光がいくつも舞い踊り、それらは一瞬のうちに空気に解けるように消えていった。

荒人:あのさーー

宝屋敷:決めた。

荒人:は? 何を。

宝屋敷:行くから。東京。

荒人:ま、マジかよ

宝屋敷:うん。お父さんとお母さんはいいって。
    あとは、軍とか政府に申請が降りたら大丈夫。
    もちろんセオドアさんも一緒だけど、ね。

 間

宝屋敷:でもこれは、荒人くんのためとかじゃないからね。
    私、許せないんだ。
    壱のことも、それに、この街を傷つけたことも。
    だからーー

N:志摩は荒人と手を繋いだ。

宝屋敷:よろしくね。超能力者の荒人くん。

荒人:……志摩、ありがとう。
   それと……ごめんな。

宝屋敷:うん。許さない。

荒人:はは……そうか……。

宝屋敷:うん……なんか、知らない間に青春っぽいことしてるとこも許さない。

荒人:……あ?

宝屋敷:私に会いに来たのが、女の子のためだってのも許さない!
    ぜーったい許さない!

荒人:いや、ちょっとまて! 力入れすぎだ……痛い痛いッ!

宝屋敷:(下の荒人のセリフとかぶりながら)どうせあんたのことだから!
    ちょーっと仲良くなった女の子にはホイホイ力貸しちゃって!
    ボロボロになったりしても平然と相手の心配とか、少年漫画の主人公みたいなことやってんでしょ!?
    死ね! 死にさらせー!

荒人:(宝屋敷のセリフとかぶりながら)わかってんのか!?
   自分が馬鹿力なんだって……! 痛い痛い! おい、力込めんなマジで!
   いい加減にしろって! 別に俺はそういうつもりで!
   折れる! 折れるー! 助けてくれー! やめろー!

N:たとえなにがあろうとも、それは過ぎ去りし過去。
  人はいつの世もつつがなく。


<前編>
<中編>


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

台本一覧

inserted by FC2 system