ギルクライム 第7話
作者:ススキドミノ


【※最初に】
 本台本はNTTソルマーレ株式会社の運営するアプリ『ボイコネ』掲載用として制作された台本です。
 著作権以外の本台本の権利はNTTソルマーレ株式会社『ボイコネ』が所持しています。
 サイト掲載版の台本については基本的に当サイトの規約に則った利用をお願いいたします。
 有料上演配信使用権付き台本の販売もございませんので、基本的には読み合わせや友人同士の声劇などでお使いください。
 配信サイトで利用したい場合は『ボイコネ』内にてご利用ください。
 ボイコネURL:https://boikone.jp/



登場人物
グレイ=ラッド:男性。盗賊。
フランツ=グレイヴ:男性。双子の詐欺師。
ミリア=グレイヴ:女性。双子の詐欺師。
ジーク=キリアン:男性。企業犯罪者。
ルビア=ルール―:女性。犯罪者専門の情報屋。




※2019年1月18日 台本使用規約改定(必読)




---------------------------
















 <ソムニシティ・街中のピザ屋>

グレイ:おう、お揃いか。

ルビア:グレイ! 遅いじゃーん!

フランツ:僕達もさっき来たところだよ。

ミリア:本当は結構待ったんだけれど、社交辞令ってやつね。

ジーク:グレイは色々とタスクが多かったからね。
    仕方がないさ。

グレイ:お、ピザ!

ルビア:行儀わるーい。

フランツ:全員揃ったことだし、始めようか。

 <全員、ソーダの入ったカップを持ち上げる>

ジーク:みんな、お疲れ様。

フランツ:素晴らしい経験に。

ミリア:甘いソーダに。

ルビア:美味しい空気に!

グレイ:ジャンクなピザに。

ジーク:結局、チェルシー=リンはどうだったのかな。グレイ。

グレイ:惜しいところまでは言ってたぜ。

ルビア:えー! あんなにヒントを出したのに。

ミリア:貴方はヒントを出しすぎよ、ルビー。

フランツ:難しい問題だったのさ、彼女にとっては。

ジーク:前提として難しい問題ですからね。
    自らの存在を疑うというのは。

ミリア:リバースインダストリアルの研究は、総て失われたわけではない。

ルビア:研究は奪われ、ソムニシティの上層部で利用されることになる。

フランツ:最も重要だったのは、リバースインダストリアルが革新的な人工知能テクノロジーを開発していたこと。

ジーク:ソムニシティは技術的特異点――シンギュラリティによって、ソムニシティを世界の中心に据える計画を立てた。

グレイ:AIに負荷を掛け、思考能力や感情への理解を促し、人間へと近づけるために、俺達のような知能犯罪者が呼ばれた。

ルビア:私達の起こした事件を解決することができるかどうか。それが人工知能へ与えられたテスト。

フランツ:ソムニシティには、僕達が協力する代わりに、三つの願いを聞き入れてもらった。

ジーク:私達にとってはゲームでもあり、身柄を開放してもらえるいい機会だった。

グレイ:結局、チェルシーは俺達を超えることはなかった。

ミリア:チェルシーは人間を超えるにはほど遠かった。

フランツ:でも、努力はしてたよ。

ルビア:よく観察していたし、こちらの嘘は見抜かれていたかも。

グレイ:ちなみに、最後に合った時は、俺達を殺したいって言ってたぜ。

ジーク:それは、感情を持っていたということかな。

ルビア:私は、苦手だって言われたー! だから、全くダメってわけじゃないと思うけど。

グレイ:ソムニシティはまだAIの育成を諦める気はないみたいだぜ。

フランツ:また僕達が呼ばれるのかな?

ミリア:そうなら、また捕まるまで遊べるわね。

ルビア:えー!? 私はもう独房は嫌だよー!

ジーク:計画を立てるのも面倒ですし、しばらくはのんびりしたいものです。

グレイ:だったら、マジでソムニシティを奪いに行くか?

ジーク:それ、本気かい?

グレイ:ああ。上層部をそっくり殺しゃいい。

ミリア:グレイ、今回の計画で暗殺にでも目覚めた?

フランツ:残念だけど、僕は手を出す気はないよ。

ルビア:私もパース。死にたくないしー。

グレイ:おいおい……シャバに出た途端、腰抜けになったのかよ。

ジーク:そうはいうけど、ソムニシティには、ブギーが居るんだよ。

グレイ:あ……忘れてた。

ルビア:結局ブギーだけは、計画に乗らなかったよねー。

フランツ:ブギーはどこまでいってもブギーさ。
     僕達には理解できない美意識で生きてるからね。

ミリア:私達が敵対したら、喜んで殺しにくるわ。

グレイ:あー、悪かったって……。
    俺もやめとく。

 <備え付けのテレビがニュースを報じる>

ルビア:あ。見て、あのニュース。

フランツ:チェルシー=リンが死体で見つかる――か。

グレイ:ブギーだな。

ジーク:殺しに飢えていたんだろう。

ミリア:チェルシー……残念だわ。

ルビア:本当。残酷なことするよねー。

グレイ:芸術家ってやつは、本当にわかんねえな。

フランツ:ブギーは殺し屋さ。

ルビア:それも、最高に狂ってる!

ミリア:ブギーが近くに居ないってだけで、ホッとしてしまう。

フランツ:そういえば……ソムニシティと契約した三つの報酬、何を要求したんだい?

ルビア:自由。

ミリア:幸福。

ジーク:そして、混沌。

グレイ:うげ……大体一緒だ、それ。

フランツ:僕達は、考えていることも似ているみたいだ。

ジーク:いいチームになれたということかな。

ルビア:ねえねえマイチーム! ピザ食べたらどうする?

グレイ:あ? そりゃ決まってんだろ。

 <グレイはソーダを飲み干す>

グレイ:自由と、幸福と、混沌を謳歌しようぜ。





---------------------------

台本一覧

inserted by FC2 system