ギルクライム 第5話
作者:ススキドミノ


【※最初に】
 本台本はNTTソルマーレ株式会社の運営するアプリ『ボイコネ』掲載用として制作された台本です。
 著作権以外の本台本の権利はNTTソルマーレ株式会社『ボイコネ』が所持しています。
 サイト掲載版の台本については基本的に当サイトの規約に則った利用をお願いいたします。
 有料上演配信使用権付き台本の販売もございませんので、基本的には読み合わせや友人同士の声劇などでお使いください。
 配信サイトで利用したい場合は『ボイコネ』内にてご利用ください。
 ボイコネURL:https://boikone.jp/



登場人物
チェルシー=リン:女性。ソムニシティ尋問官。
ブギー:性別不肖。殺し屋兼芸術家。




※2019年1月18日 台本使用規約改定(必読)




---------------------------
















 <ソムニシティ刑務所・特別独房1号>

ブギー:どうしたんだい? こっちにおいでよ。

チェルシー:……いえ。ここからで問題ありません。

ブギー:それが人に何かを求める態度かな。
    ……いいから来いっつってんだろ。

チェルシー:……わかりました。

ブギー:よく顔を見せてよ。チェルシー=リン。

チェルシー:正直にいって、貴方に会うのは気が乗りませんでした。

ブギー:ひどいこというなぁ、僕と君とは初対面だろ?

チェルシー:高名な芸術家であり、史上最悪の殺し屋と対面するのを望む者はいませんよ。
      ブギー。

ブギー:まあ、いいや。こういうやり取り、つまんない。

チェルシー:貴方に、聞きたいことがあります。

ブギー:あれぇ? 他の囚人にはやったやつ、僕にはやらないの?
    資料ももらったしさぁ、やろうよ。契約ってやつ。

チェルシー:……三つだけ、好きなものを用意します。
      見返りに、要人暗殺の事件についての意見を求めます。

ブギー:いいよ。契約しよう、契約。

チェルシー:では……あなたは資料を見てどう考えましたか?

ブギー:まず、やり方が美しいね。痕跡もほとんど残していないし。
    犯人だけをピンポイントで捕まえるのは、恐ろしく時間がかかる。

チェルシー:ええ……まるで――

ブギー:まるで、ブギーのやり口だ――って、思ってる?

 <ブギーはチェスの駒は指先で転がす>

ブギー:確かに僕は人を使って殺す。
    自分の手を汚さず、確実にね。

チェルシー:正直に言います。私は貴方の仕業ではないかと疑っています。

ブギー:浅いなぁ、てめえ。ほんっと浅はかで萎えるよ。
    僕の殺しについて、ちゃんと調べた? 捕まったのは随分前だけどさぁ、勉強不足じゃない?

チェルシー:……一致しない点については理解しているつもりです。

ブギー:本当に? マジで? 僕はさぁ、人を使って殺しをする。
    でも、僕は殺しに使った人間は、その後確実に自分の手で殺すんだよ。

チェルシー:ええ、そのようですね。

ブギー:僕は芸術家だ。芸術家には、信念と美学がある。
    僕がやったなら――関わった人間、全員始末するさ。

チェルシー:では、誰がやったと?

ブギー:はっきり言わせてもらうけど、本質を伴ってない殺しには興味がない。
    でも、君が約束した報酬には興味があるから、ちょっとだけ話してやるよ。

チェルシー:お願いします。

ブギー:この暗殺には、大した意味はない。
    美しい計画性に値するだけの信念がないんだ。

チェルシー:信念……それは、正義からくる革命ということでは?

ブギー:人が動く時には必ず理由がある――概ね正解。
    人は大きな選択を迫られた時、感情を優先する――これは正解。

 <ブギーはチェスの駒を倒していく>

ブギー:人間は欲望を開放するために正義という言葉を使う――大正解。
    今回の事件はそんな者たちが起こした革命か――超不正解だ。バーカ。

チェルシー:不正解……それは一体。

ブギー:革命なんていうのは、この出来すぎた暗殺事件のティーカップから溢れた、一滴のミルクに過ぎないんだよ。
    本質はカップの底。この薄味の紅茶を飲み干すほどの価値もない。

 <ブギーはチェスの駒を放り投げる>

ブギー:こいつは、ゲームなんだよ。

チェルシー:……ゲーム?

ブギー:ああ。ゲームだよ。
    子供の頃にやらなかった? ホット・ポテト、ダック・ダック・グース。
    それと同じようなものさ。

チェルシー:では……本当に、この暗殺には何の意味も――

ブギー:ねえよ。

チェルシー:ですが、工場の爆破事件については――

ブギー:それもミルクだ。間抜け。
    ちなみに、君が犯人を捕まえるのも不可能だから、諦めたら。

チェルシー:そんなこと……できません。

ブギー:っていうか君……面白いね。ずっと僕の瞳を見て話してる。
    怖かったんじゃないの?

チェルシー:恐怖を抑える訓練もしていますから。

ブギー:訓練……そっか、訓練ね。
    何か面白そうだし、僕からも一個アドバイス。

チェルシー:何でしょう。

ブギー:数年前に爆破されたリバースインダストリアルの研究について調べてごらん。
    そうすれば、事件の全容が見えてくるかもしれないよ。
    まあ……どっちにしてもつまらないことだけどね。

チェルシー:……わかりました。そうします。

ブギー:うん。もう時間か。

 <チェルシーが独房から出ようとするところを、ブギーが声をかける>

ブギー:ねえ。チェルシーさん。

チェルシー:はい。なんでしょう。

ブギー:僕がもしここから出れたらさ――君のこと、殺してもいい?

 <チェルシーは黙って出ていく>

ブギー:最後まで眼を逸らさなかったかぁ……。
    あー……絶対やろう。そうしよう。





---------------------------

第6話
台本一覧

inserted by FC2 system