ギルクライム 第4話
作者:ススキドミノ


【※最初に】
 本台本はNTTソルマーレ株式会社の運営するアプリ『ボイコネ』掲載用として制作された台本です。
 著作権以外の本台本の権利はNTTソルマーレ株式会社『ボイコネ』が所持しています。
 サイト掲載版の台本については基本的に当サイトの規約に則った利用をお願いいたします。
 有料上演配信使用権付き台本の販売もございませんので、基本的には読み合わせや友人同士の声劇などでお使いください。
 配信サイトで利用したい場合は『ボイコネ』内にてご利用ください。
 ボイコネURL:https://boikone.jp/



登場人物
チェルシー=リン:女性。ソムニシティ尋問官。
ルビア=ルール―:女性。犯罪者専門の情報屋。




※2019年1月18日 台本使用規約改定(必読)




---------------------------
















 <ソムニシティ刑務所・特別独房6号>

ルビア:待ってたよー!

チェルシー:……こんにちは。

ルビア:チェルシー=リンだー!
    本物だー! 本物ー!

チェルシー:ルビア=ルール―……犯罪者専門の情報屋。

ルビア:知っててくれてるー! 知ってることって大事だよー! うん!

チェルシー:他のギルクライマーと随分雰囲気が違いますね。

ルビア:えー? つまんないこといわないでよー。
    別の人間なんだからさぁ、同じなわけないじゃん!

チェルシー:それはそうですね。今回の依頼については?

ルビア:もちろん知ってるよー! 三つ、欲しい物くれるんでしょ?
    私も全然オッケー!

チェルシー:そうですか。早速見解をお聞かせいただけますか。

ルビア:うーん、そうだねえ。普段は聞きたいことに答えてたから、自主的に何か言うことってないんだけどぉ。

チェルシー:でしたら、他の三名の推理を補足できる情報等はありますか?

ルビア:そもそもさぁ、チェルシーちゃんは何が知りたいの?

チェルシー:私、ですか?

ルビア:チェルシーちゃんって、敏腕尋問官だよねえ。
    検挙率も高いし、ダントツで良い役職についてるし。

チェルシー:事実、私は優秀だと言われています。

ルビア:そういう人間って、総じてプライドが高いことが多いじゃない?
    なのに、知的犯罪者に助言を求めるっていうのが不思議っていうかー。

チェルシー:私は、事件を最適な形で解決したいだけです。

ルビア:ふぅん。本当にそれだけ?

チェルシー:ええ。それだけです。

ルビア:……そっかぁ。じゃあ、私もお仕事しなくちゃねー!

 <ルビアは資料を机に広げる>

ルビア:ジークが言う通り、この事件は一般大衆の中で起こってるねー。
    根底には、数年前に起こったある事件の存在がある。

チェルシー:その事件とは?

ルビア:ソムニシティの南側の工場の事故だよ。

チェルシー:リバースインダストリアルの事件ですね。

ルビア:そうそうー! 当時、四大企業に最も近い位置に居た新興企業、リバースインダストリアルの工場が爆散したやつ!
    あれって事故で片付いたけどぉ、実際は意図的に爆破されたんだよねぇ。

チェルシー:そんな事実は知りませんが。

ルビア:ありゃ? それって知ってるのに隠してる?
    それとも、本当に知らないわけ?

チェルシー:私は、知りませんよ。ルビア。

ルビア:ま、どっちでもいいや。気になるなら調べてみたら?
    四大企業が爆破に関与してたって証拠が、ごっそり消えてるはずだからー。

チェルシー:どうして、貴方がそれを知っているんですか?

ルビア:えー? 情報屋だから?

チェルシー:……続けてください。

ルビア:その爆破によって、リバースインダストリアルの研究者と、当時研究していた成果が吹き飛んだわけ。
    でも、その研究の一部は、このソムニシティを豊かにするものだったの。疑似マテリアルの製造ってやつ。

チェルシー:疑似マテリアル……代替原料の製造ですか。

ルビア:そのとーり。それによって、この街は潤うはずだったわけ。
    それを奪われて、怒るのってだーれだ!

チェルシー:ソムニシティに住む人々、ですか。

ルビア:ちょっと正解! 実際は、貧乏な人達だよー。

 <ルビアは資料を指差す>

ルビア:研究の発表に合わせて、リバースインダストリアルは工場の働き口を大量に用意してたんだ。
    しかも、給料もかなりよかったわけで。

チェルシー:それが、革命の火種となる。

ルビア:そゆことー!
    で、ここからは私からのサービス!

 <ルビアはチェルシーに歩み寄る>

ルビア:この事実に気づいている貧困層は少なかったはず。
    でも、何人かは気づいた。権力者ではなくても、優秀な人間が。

チェルシー:……そうですね。

ルビア:でも、人の頭は覗けないしー、優秀な人間かどうかなんて見分けようがないよねぇ?

チェルシー:はい。とても難しいと思います。

ルビア:ところがどっこい……いるじゃーん!
    権力者じゃなくて、とんでもなく優秀な人間。

チェルシー:それは一体――

ルビア:犯罪者。

チェルシー:つまり……あなた方、ギルクライマー。

ルビア:そうそう。私達の中の誰かが、この事件を起こしてるとしたら?

チェルシー:……この独房の中から、ですか。

ルビア:できないと思うー? チェルシーちゃん。

チェルシー:……あなた達なら、可能かもしれません。

ルビア:いーこいーこ! もちろんこれは、確定した話じゃないしー。
    私達の誰かじゃなくても、外には同じような犯罪者が隠れてるかもしれないってことー。

チェルシー:言いたいことはわかります。この革命は、ギルクライマーと並ぶほどの犯罪者が関わっている。

ルビア:時間だね……。また来てよー、チェルシーちゃん。

チェルシー:……あなたは、少し苦手です。失礼します。

 <チェルシーは独房を出ていく>

チェルシー:嫌われちゃったぁ……! でも、可愛いんだもんなぁ!
      これくらいのヒントはいいよね? ゲームなんだしー!





---------------------------

第5話
台本一覧

inserted by FC2 system