ギルクライム 第3話
作者:ススキドミノ


【※最初に】
 本台本はNTTソルマーレ株式会社の運営するアプリ『ボイコネ』掲載用として制作された台本です。
 著作権以外の本台本の権利はNTTソルマーレ株式会社『ボイコネ』が所持しています。
 サイト掲載版の台本については基本的に当サイトの規約に則った利用をお願いいたします。
 有料上演配信使用権付き台本の販売もございませんので、基本的には読み合わせや友人同士の声劇などでお使いください。
 配信サイトで利用したい場合は『ボイコネ』内にてご利用ください。
 ボイコネURL:https://boikone.jp/



登場人物
チェルシー=リン:女性。ソムニシティ尋問官。
ジーク=キリアン:男性。企業犯罪者。




※2019年1月18日 台本使用規約改定(必読)




---------------------------
















 <ソムニシティ刑務所・特別独房3号>

チェルシー:こんにちは。

ジーク:どうも、お待ちしていました。

チェルシー:チェルシー=リン。ソムニシティの尋問官です。

ジーク:ご丁寧にどうもありがとうございます。
    私は、ジーク=キリアンと申します。

チェルシー:ええ。よく知っていますよ。

ジーク:光栄ですよ。凄腕の尋問官と握手できないのが残念でなりません。

チェルシー:私のこともご存知なのですか?

ジーク:もちろんですよ。貴方のブラックフィード事件での手腕は本当に素晴らしかった。
    すっかりファンになってしまいましたよ。

チェルシー:この独房には、外部の情報は入らないはずでは。

ジーク:ええ、そのようですね。

チェルシー:ではどうして――いえ、そのような質問は、貴方には意味がないですね。

ジーク:それはいったいどういう意味ですか?

チェルシー:大企業を幾つも裏から動かし、ソムニシティのあらゆる企業を転覆させた、企業犯罪のスペシャリスト。
      ジーク=キリアンなら、外の情報を得れたとしても不思議ではありません。

ジーク:評価して頂けるのは非常に光栄です。
    それで、今回の依頼についてですが。

チェルシー:詳細や条件については?

ジーク:もちろん、同意させていただきます。
    三つ、欲しい物を用意させていただくということで、お引き受けいたしますよ。

チェルシー:では早速ですが……見解をお聞かせ願えますか。

ジーク:この暗殺事件の背景には、このソムニシティが抱える、社会的問題が大きく関わっています。

チェルシー:と、いうと。

ジーク:ソムニシティは、この国の中でも最も混沌としています。
    貧富の差は激しく、権威主義に満ち、不平等がまかり通っている。

チェルシー:客観的な事実として聞いておきます。

ジーク:よく言いますね。光があるところに闇があると。
    実際は違います。闇があるところにはもっと深い闇が産まれるのです。

チェルシー:もっと深い闇……。

ジーク:そう。もっと深い闇の存在とは、正義ですよ。チェルシーさん。

チェルシー:正義はよく、光に例えられます。

ジーク:正義を抱える者にとっては、それは眩い光足り得る。
    それは間違いありません。ですが、実際にはどうでしょう。

 <ジークは机の上で積み木を組み立てる>

ジーク:私は多くの企業と関わってきました。
    彼らは眩い栄光と、富を目指し、より高く高く上を目指していきます。

チェルシー:自然なことのように思えますが。

ジーク:そう、自然なことです。だからこそ、欲望は留まらなくなる。
    無限に光を求め積み上げられた欲望はやがて――

 <ジークは積み木を崩す>

ジーク:崩れます。

チェルシー:それと正義、何の関係があるのですか。

ジーク:正義とは即ち、闇の力なのですよ。
    自分のしていることは正しく、自然であると考えることで、人はどこまでも欲望に忠実になる。

 <ジークは積み木をバラ撒く>

ジーク:正義を盾にし、剣と成す。
    正義を掲げれば、人は人をも簡単に傷つけることができる。

チェルシー:今回の事件も、それと同じことが起きていると?

ジーク:間違いなく、そうでしょう。
    暗殺という手段を選んだ犯人にとって、これは正義の行いです。

チェルシー:反社会的な正義が根底にあるのなら、もう少し行動に一貫性があると思いますが。

ジーク:一貫性ならありますよ。チェルシーさん。
    ……権力者を暗殺されたことで、貴方はまずどんな人物を疑いましたか?

チェルシー:それは……その暗殺によって利益を得るものです。
      政財界を中心に、調査を勧めています。

ジーク:それは結構なことです。実に論理的だ。
    何か大事を成す背景には、利益がつきまとう。

チェルシー:では――

ジーク:違いますよ。チェルシーさん。
    これは、権力者の派閥闘争なんてものではありません。

 <ジークは積み木を整列させる>

ジーク:この暗殺は、正義という名の大きな理由なき闇に導かれている。
    これは――革命ですよ。

チェルシー:革命……この事件は、このソムニシティの住民が行っていると?

ジーク:実行犯は間違いなく低所得者層であり、狙われた権力者とは直接の繋がりも、利害関係も薄い。
    強いて言うのならば、このソムニシティの体制を変えようとしているのでしょう。

チェルシー:もしそれが本当なら……。

ジーク:事実ですよ。確信が持てないのならば、事件後の四大企業の動きを確認してみるといいでしょう。
    彼らはまるで陸亀のように身を固めているだけで、目立った動きはしていないはずです。

チェルシー:……確認してみます。

ジーク:時間、ですか。もう少しお話していたかったですが。

チェルシー:ご協力、感謝します。それでは。

 <チェルシーは独房を出ていく>

ジーク:大衆とは、闇に蠢くネズミですよ。
    くれぐれも……毒をもらわないよう。チェルシー尋問官。





---------------------------

第4話
台本一覧

inserted by FC2 system