ギルクライム 第2話
作者:ススキドミノ


【※最初に】
 本台本はNTTソルマーレ株式会社の運営するアプリ『ボイコネ』掲載用として制作された台本です。
 著作権以外の本台本の権利はNTTソルマーレ株式会社『ボイコネ』が所持しています。
 サイト掲載版の台本については基本的に当サイトの規約に則った利用をお願いいたします。
 有料上演配信使用権付き台本の販売もございませんので、基本的には読み合わせや友人同士の声劇などでお使いください。
 配信サイトで利用したい場合は『ボイコネ』内にてご利用ください。
 ボイコネURL:https://boikone.jp/



登場人物
チェルシー=リン:女性。ソムニシティ尋問官。
フランツ=グレイヴ:男性。双子の詐欺師。
ミリア=グレイヴ:女性。双子の詐欺師。




※2019年1月18日 台本使用規約改定(必読)




---------------------------
















 <ソムニシティ刑務所・特別独房5号>

チェルシー:フランツ、ミリア=グレイヴ。

フランツ:やあ、いらっしゃい。

ミリア:貴方が、尋問官ね。

フランツ:名前はチェルシー=リン。
     事前に資料は読ませてもらったよ。

チェルシー:貴方達は……双子でしたか。

フランツ:あまり似ていないと言われるけど。

ミリア:二卵性だし、性別も違うからそういうものよ。

チェルシー:だからこそ貴方達はカップルにも夫婦にもなれるわけですね。
      貴方達は双子の詐欺師となり、何百人という人間から富を騙し取った。

フランツ:数字は正確に扱わないと。ミリー、何人だった?

ミリア:815人騙した。

チェルシー:補足をありがとうございます。

フランツ:さて、知りたいことがあるんだったね。

ミリア:貴方の頭を悩ませる、暗殺犯の話。

チェルシー:話が早くて助かります。報酬については?

ミリア:グレイと話したんでしょ? 三つ、欲しい物がもらえる。

フランツ:僕達もそれでかまわないよ。

チェルシー:では、貴方達の考えを教えてください。

フランツ:僕達は暗殺犯と繋がりがあるかもしれない候補者の資料を、分析させてもらったよ。

ミリア:尋問のデータ、特に楽しませてもらったわ。

フランツ:グレイの分析では暗殺犯は実行犯とは別に、協力者がいるという話だったね。
     そしてその協力者の中には、子供も含まれていると。

チェルシー:グレイはそう言っていました。

ミリア:子供の尋問はまだかしら。

チェルシー:手続きが進まないようです。法律に阻まれています。

フランツ:今君が置かれている状況……。それすらも彼らの計画の一部さ。

チェルシー:計画?

ミリア:人が人の思考を操ろうとするなら、感情を揺さぶらなければならない。

チェルシー:感情……。グレイも、それをキーワードだと言っていました。

フランツ:だろうね。君達は機械的に状況を分析しようと考える。
     だから、数歩も遅れてしまうんだ。

ミリア:人間という車を走らせるときに、論理ではあまりにも遅いの。
    感情こそが、最も早く人間を走らせる燃料。

チェルシー:……要点が見えません。

フランツ:候補者の中から、実行犯との繋がりを見つけるのは難しいことだよ、チェルシー。

ミリア:なぜなら、彼らが実行犯と直接やり取りしているとは限らないから。

フランツ:人の行動を操る方法はいくつかある。
     そのどれもが有効でもあり、見方を変えれば全く意味がないことだ。

ミリア:人間はどこまでも感情で動く生き物だから、確実性なんてものは存在しない。

フランツ:どれだけ信頼関係を積み上げたと思っていても、金で裏切る人間はいる。

ミリア:どれだけ妻と愛を紡いでいても、頬をひと撫でされただけで靡く夫がいる。

フランツ:信用ではなく。

ミリア:信頼でもなく。

フランツ:人は殺し。

ミリア:人は死ぬ。

フランツ:総ては、感情さ。

チェルシー:では……候補者達は、操られたわけではなく、自ら行動していると?

ミリア:或いは、そう仕向けられている。

フランツ:日常の至るところで、種を蒔かれているんだ。

ミリア:直接何かを命令せずとも、感情を制御することができれば、望む行動を選ばせることはできる。

フランツ:例えば、とある警備員の私生活を見てみよう。
     彼がインターネットで繋がったばかりのセクシーな女性がいる。

ミリア:彼女からメールが来るのは決まって夕方頃。
    職務中は真面目な彼だけど、数日前は偶然彼女と口論になった。

フランツ:そんな彼女から、パーティの警備中、連絡が来たら?

チェルシー:彼は、メールに目を通す。

ミリア:そういう一瞬が、この暗殺事件を産み出しているんだ。

チェルシー:つまり……彼女との喧嘩すらも、計画の内ということですね。

フランツ:しかし、そのメール相手の彼女も実行犯に操られているとしたら――途方もないことだね。

ミリア:でも、絞る方法はある。

チェルシー:それは?

フランツ:同じ土俵に立つのさ。チェルシー。

ミリア:彼らの私生活を調べ上げて、感情を読み取る。

フランツ:彼らの関心事はすべて、一箇所に向いているはずだ。

チェルシー:一箇所に向いている……?

ミリア:人は潜在的に、安定を求める。

フランツ:人は一様に不安定であり、不幸なんだ。
     だからこそ……人は幸福で操れる。

ミリア:候補者に直近で起きた幸福な出来事にこそ、実行犯が関わっているのよ。

チェルシー:幸福な出来事に……確かに、そんなことは考えもしませんでした。

ミリア:……時間ね。

チェルシー:ああ。助かりました、二人共。

フランツ:構わないよ。

 <チェルシーは独房を出ていく>

フランツ:彼女をどう思う? ミリー。

ミリア:彼女、とても不思議ね。

フランツ:彼女が異性愛者なら、僕の首元に視線を向けただろう。

ミリア:彼女が同性愛者なら、私の太ももに視線を向けたはず。

フランツ:彼女は最後まで、僕らの瞳だけを見ていたね。

ミリア:ええ、本当に――面白いわ。





---------------------------

第3話
台本一覧

inserted by FC2 system