ギルクライム 第1話
作者:ススキドミノ


【※最初に】
 本台本はNTTソルマーレ株式会社の運営するアプリ『ボイコネ』掲載用として制作された台本です。
 著作権以外の本台本の権利はNTTソルマーレ株式会社『ボイコネ』が所持しています。
 サイト掲載版の台本については基本的に当サイトの規約に則った利用をお願いいたします。
 有料上演配信使用権付き台本の販売もございませんので、基本的には読み合わせや友人同士の声劇などでお使いください。
 配信サイトで利用したい場合は『ボイコネ』内にてご利用ください。
 ボイコネURL:https://boikone.jp/



登場人物
チェルシー=リン:女性。ソムニシティ尋問官。
グレイ=ラッド:男性。盗賊。




※2019年1月18日 台本使用規約改定(必読)




---------------------------
















 <ソムニシティ刑務所・特別独房7号>

チェルシー:……盗賊グレイ=ラッド。

グレイ:……あ? 誰だお前。

チェルシー:私はチェルシー=リン。このソムニシティの尋問官を務めています。

グレイ:尋問官……ああ。ソムニシティの犯罪抑制の為に新設された軍隊だったか。

チェルシー:軍ではなく、抑止力ですよ。

グレイ:どっちでも構いはしねえよ。
    それで……その尋問官が俺になんの用だ。

チェルシー:知恵を借りたいのです。

グレイ:おい、こんな地下深くの特別房まで来た理由がそれかよ。

チェルシー:そのために私は、このソムニシティで多くの犯罪に手を染めた知的犯罪者達――ギルクライマーに会いに来ました。
      ……もちろん、私に協力してくれれば、貴方にも得があります。

グレイ:いいねえ、そういう話は好きだぜ。

チェルシー:減刑はできません。ここから出ることも出来ないでしょう。
      ですが、貴方の欲しい物をいくつか、用意させます。

グレイ:俺は曖昧なものは嫌いなんだ。
    いくつじゃなく……そうだな。三つ寄越せ。

チェルシー:いいでしょう。三つです。

グレイ:……即答するってことは、相当切羽詰まった事情があるみたいだな。
    細かいことはいい。そっちに興味が湧いてきた。話してみろよ。

チェルシー:今、ソムニシティでは要人の暗殺事件が横行しています。

グレイ:その犯人を追う手がかりが欲しい、と。
    殺された要人の役職は?

チェルシー:議員が四人、隣国の大使、四大企業のトップが二人。

グレイ:他には?

チェルシー:ソムニシティ前市長。

グレイ:ククク……なるほど、市長の首まで取られちゃ、手段を選んじゃいられねえよなァ……。

チェルシー:グレイ。貴方は数多の盗みを成功させ、それを市民にバラ撒き、義賊として名を上げていた。
      貴方の知恵を貸してくれませんか。

 <チェルシーは操作資料をグレイの独房に差し入れる>

グレイ:……随分と詳細な資料だな……。

チェルシー:わかったことがあったら教えてください。
      私達の面会に許されている時間はそう多くありませんから。

グレイ:……こいつらは単独犯じゃない。特に前市長暗殺の方法だ。
    警備をすり抜け、目線を反らし、行動を起こすには――最低でも十人以上必要だ。

チェルシー:気づいたことは、資料に書き込んでください。

グレイ:市長が居たビルは六〇階建て。最新鋭の警備システムが整った豪華仕様。
    だが、だからこそ……穴ができる。

チェルシー:穴というと?

グレイ:どれだけ技術が進化しようが、そいつを使うのは人間だ。
    人間ってのは慣れる生き物なんだよ。どんな技術にもすぐに適応する。

チェルシー:人間とはそうして進化してきました。

グレイ:まあ、なんていうか……進化とも、退化とも呼べる。
    人間は技術が進むほどに、人間が本来持っていた特性を失っていった。

 <グレイは資料を指差す>

グレイ:技術に慣れれば、人は怠ける。あぐらを掻く。
    警備システムが堅牢なら、柔らかいところを狙えばいい。俺ならそうする。

チェルシー:人を狙ったということですか。

グレイ:パーティの参加者全員を特定しろ。間違いなくその中に、暗殺犯と繋がっている人間が居る。
    俺の見立てでは……若い人間。それも、子供。

チェルシー:子供?

グレイ:パーティ会場の下を走る空調ダクトは、ドローンの侵入を防ぐシステムが組まれている。
    だが、子供なら通れる。

チェルシー:……なるほど。

グレイ:他にも侵入経路や、タイムラインを書き込んでおいた。
    参考にするといい。

チェルシー:……流石ですね。盗賊グレイ。

グレイ:もう少し時間があれば色々教えてやれたんだが……。

チェルシー:ああ、残念ですが……時間です。

グレイ:チェルシー=リン。

チェルシー:何ですか?

グレイ:人を殺したことは?

チェルシー:あります。私は、尋問官ですから。

グレイ:お前は命令で人を殺せるか。

チェルシー:それが私の仕事です。

グレイ:実はそうじゃない。お前は殺したくて殺してる。

チェルシー:……何の話でしょう。

グレイ:人には、感情がある。どんなもっともらしい理由を用意されようが、感情で動く。
    お前が殺したのは、お前が殺したいと思ったからだ。

チェルシー:私の心を揺さぶろうとしても無駄です。
      訓練を受けていますから。

グレイ:俺が言いたいのは……この考えを受け入れなければ、お前には犯人は捕まえられねえってことだ。

チェルシー:考えを……受け入れる?

グレイ:利害だけで犯罪を働けるのは、最初の数回だ。
    そこから先は、めくるめく感情の世界さ。

チェルシー:感情……。あなたも感情のままに盗みを働いていたということですか。

グレイ:ああそうさ! 弱者に金をバラ撒くというもっともらしい理由をつけてな!
    俺は盗むのが好きなんだよ、チェルシー。

チェルシー:覚えておきます。

 <チェルシーは独房を出ていく>

グレイ:ククク……鋼の心を持つ尋問官……チェルシー=リン。
    この犯罪を楽しめよ……。クククク……!





---------------------------

第2話
台本一覧

inserted by FC2 system